土用の丑の日。2015年はいつだっけ?意外に知らない意味や由来とは?

P5200113

だんだん暑さが増してきましたね。

夏に食べるものと言えば、うなぎ!

皆さんは何故うなぎを食べるのかご存知ですか?

今回はうなぎを食べることで得られる効果と、今年の土用の丑の日はいつかについてまとめていきます!

sponsored link

土用の丑の日はいつ?

去年は一回だけだった土用の丑の日。

今年、2015年はなんと2回あります。

万が一忘れてしまっても、次の土用に食べることができますね!

2015年の土用の丑の日は、7月24日(金)と8月5日(水)となっています。

土用の丑の日は夏だけじゃなかった!

実は土用の丑の日というのは、春夏秋冬それぞれにあるのです。

土用というのは、立春・立夏・立秋・立冬の前の約18日間を指します。

その土用に丑の日が当たれば「土用の丑の日」となるんですね。

ちなみに土用に丑の日が当たる確率は夏で平均1.57回。

2回くるというのは、実はあまり珍しくないそう…

ではなぜ、夏の土用の丑の日にうなぎを食べるようになったのでしょう。

また、どうしてうなぎなのでしょう?

うなぎを食べる理由

土用の丑の日にうなぎを食べると夏バテにいい、という話を聞きますよね。

うなぎは高たんぱくで消化が良い食べ物。

夏バテで食欲がなくなったり、夏はなにかと胃腸が疲れてしまったりしますから、そんな時にしっかり栄養も摂れつつ、胃腸にも優しいウナギは夏にぴったりの食べ物なんです!

でも実は、天然のウナギの旬は晩秋から初冬というのをご存知ですか?

ウナギは冬眠に備えて、晩秋から初冬にかけて養分を蓄えます。

そのため身が肥え、美味しい状態になっているのです。

最近はスーパーで他の季節でも「土用の丑の日」と宣伝していることがありますね。

あえて冬に狙って買いに行くのもいいかも。

うなぎの旬と栄養素について詳しくはこちら

sponsored link

実は「土用の丑の日」は、もともと商売のためだった?!

発案者は平賀源内。

「夏の暑さでうなぎが売れない」と困っているうなぎ屋から、相談を受けたことが始まりだったそう。

この相談に「本日土用の丑の日」という張り紙を貼ってはどうか、という発案をしたことで、うなぎが飛ぶように売れるようになり、他店も真似することで定着していったと言われています。

また昔から「丑の日は『う』のつく食べ物を食べるのが良い」という言い伝えがあったために、人々に浸透しやすかったようです。

このために「夏の土用の丑の日」が風習になったんですね!

まさか始まりは商売のためだったとはびっくりです。

クリスマス商法やバレンタイン商法と似たものがありますね…!

ウナギを醤油のたれで味付けするようになったのは江戸時代から

なんと、ウナギを今のような醤油のタレで食べるようになったのは江戸時代からだそう。

割と最近な気がしますよね。

実は醤油のタレを作るのに必要な濃口醤油が開発されたのが江戸時代。

濃口醤油って意外と新しい調味料なんですね!

まとめ

images

ちょっと意外だった土用の丑の日の理由、驚かれた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

うなぎの旬は夏、と思っていた方も多くいらっしゃるかと思います。

私も実際そう思っていました…

これからは夏に限らず、旬の冬にもぜひうなぎを味わいたいですね!

記事を書いていたらとってもうなぎを食べたくなってきました。

今年の土用の丑の日が楽しみです!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ