松江水郷祭湖上花火大会 、2015年の日程やおすすめ穴場スポットをご紹介!

daisen_180_155812

松江水郷祭湖上花火大会は、「水の都」とも言われる島根県松江市の宍道湖で、2日間に渡って行われる花火大会です。

「西日本最大級」をテーマにしており、宍道湖上の2隻の台船から、コンピューターを駆使した連携花火や、スターマインなど、様々な花火が打ち上げられます。

sponsored link

まずはこちらの動画をご覧ください♪

どうですか?湖に映る花火が、とても幻想的ですね♪

宍道湖は日本の夕日100選にも選ばれている湖なので、花火大会の前に夕日を見るのもおすすめです。

■日程は?

2015年8月1日(土)~2日(日)

1日は20:00からの打ち上げで、およそ3000発(30分)
2日は20:00からの打ち上げで、およそ6000発(1時間)

2日間に渡って、およそ9000発の花火が夜空を彩ります♪

※1日が中止の場合は2日にまとめて9000発打ち上げ
両日とも中止の場合は8月8日(土)に延期

ちなみにこの2日間は、昼間は松江市役所を中心に様々なイベントが開催され、屋台なども出店されるので、昼はお祭り、夜は花火と一日中楽しめます。

sponsored link

■花火鑑賞のおすすめスポットは?

花火は湖上から打ち上げられるので、周辺の岸ならどこからでも鑑賞することができます。

その中でも、いくつか鑑賞ポイントをご紹介します!

・末次公園

お昼から場所取りをしないといけないぐらい、一番人気のスポットです。
イベントや出店もあるようです。

・千鳥南公園

シートでの場所取りが可能になっている場所です。こちらも、人気のスポットです。

・白潟公園

会場からは少し離れてしまいますが、花火は十分に楽しめます。
公園も広く、ゆったりできます。

・岸公園、鳥取県立美術館

なだらかな斜面があり、花火がよく見えます。
比較的遅い時間でも、場所取りができるようです。

・神師公園

会場からは離れてしまいますが、湖に面しているので、湖面に映る花火も乾燥できます。

・宍道湖大橋

写真家にも人気のスポットです。障害物がないので、花火を見下ろす形で鑑賞することができます。(事故防止用のバリケードがあるので、写真を撮るときは長めの三脚が必要かもしれません)

■駐車場はあるの?

付近は交通規制がかかるので、できるだけ電車などの公共交通機関を利用しましょう。

駐車場は湘南中学校の隣に、1台1000円で停められる有料駐車場が用意されるようですが、収容台数は200台ほどなので、早めに行かないと満車になってしまうと思います。

■最後に…

近年、この松江水郷祭湖上花火大会では、来場者のマナーが悪いと問題になっています。
大声で騒ぐ、タバコのポイ捨てなど、特に若者のマナーの悪さが目立つようです。

みんなが気持ちよく花火を楽しむことができるよう、それぞれがしっかりマナーを守ることが大事です。

年に一度の松江水郷祭湖上花火大会。

マナーを守って、夜空を彩る花火を観賞しましょう♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ