新生児から使えるおすすめスリングとその使い方を解説!

img63074580

赤ちゃんを抱っこするのにとても便利な抱っこ紐。しっかり赤ちゃんを支えられるというメリットもあるのですが、肩や腰が痛くなりママにとっては辛い時もあります。そんなママの強い味方がスリングです。

おくるみに包まれているような安心感があり、自然なかっこうで抱っこできるのがスリングのメリットです。しかもママの身体に負担がかからないところが抱っこ紐と違います。

sponsored link

リングタイプスリングの選び方

スリングには大きく分けて2つの種類があります。

リングタイプは長い布を2つのリングに通して使うタイプのスリングです。

リング部分で長さを調節することができるので、パパと共有して使うこともできるし、赤ちゃんに合わせてぴたっとフィットさせることができます。使う人を選ばないのでプレゼントにも最適です。

デメリットとしては、リングがついている分少しだけかさばります。そして長さを微調整するのが慣れるまで難しいかもしれません。

リングタイプを選ぶポイントは、ただ布にリングを通しただけのものではなく、肩部分にパットが入っているなどママに優しい作りになっているものがいいでしょう。「北極しろくま堂」や「femmebelly(ファムベリー)」などが丁寧な作りでお勧めです。

チューブタイプスリングの選び方

スリングが筒状に縫われているものをチューブタイプといいます。

長さを調節することなく簡単に赤ちゃんを乗せることができます。肩にかける部分が幅広なので肩がとても楽です。余分な布がない分たたむととてもコンパクトで、かばんに入れておいても邪魔になりません。そしてデザイン性にも富んでいるので、おしゃれママにも人気です。

コンパクトな分、調整が出来ないことがほとんどなので使う人のサイズに合わせたものを選ぶ必要があります。

チューブタイプを選ぶポイントは、自分に合ったサイズを見つけることです。「AKOAKO」はサイズバリエーションが豊富で、布を自分で選んで注文できるのでオリジナルのスリングが作れます。

共有は難しいと書きましたが、「Betta(ベッタ)」のキャリーミーはファスナーでサイズを変えられるのでサイズが合えば共有できるでしょう。

sponsored link

使い方

使うときはまずスリングを身体にかけておきます。赤ちゃんはゲップをさせる時のように縦抱きにして、頭をスリングの肩パットとは反対の肩にもたれさせるようにします。

そして下から手を入れて赤ちゃんの足を持ち、足を身体に巻きつけるようにしてスリングに座らせます。足はひっぱらずに、自然にM字のままで大丈夫です。そして身体を支えながら布を頭まで上げていきます。

リングタイプは、すっぽり赤ちゃんが納まったらリングから出ている布(テール)を引っ張り、赤ちゃんの背中がまっすぐになるように調整し布のたるみを直します。

この方法とは別に、チューブタイプは最初に赤ちゃんをスリングの上に寝かせてからママがスリングをくぐってかける、という方法もあります。

いずれにしても、コツをつかむまで何回か練習してみてください。

まとめ

B002ACOS22.06

 

最近ではバックルがついたものも販売されています。スリングは生後2週間から使うことができますが、新生児はまだ首が据わっていないので十分に気をつけて使ってください。

抱き方を変えて4歳くらいまで対応できるので、上手に使っていきたいですね。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ