新生児の便秘の原因や症状は?綿棒浣腸やマッサージのやり方を覚えよう!

4933135133_74d295d217

新生児の排便の回数は、1日4回出る赤ちゃんもいれば、1日おきにしか出ない赤ちゃんもいて個人差があります。では、どんな状態を便秘というのでしょうか?

綿棒浣腸やマッサージが有効という話なので、今回はそのやり方についても紹介していきたいと思います。

sponsored link

便秘になる原因

便秘になるには様々な原因があります。

母乳で育てている場合、実は上手に飲めていなかったり母乳が出ていないことが原因で、母乳の量が足りていないことがあります。おっぱいをあげたばかりなのにすぐにまた欲しがる場合は足りていないのかもしれません。

ママの食生活が母乳の質に影響することもあります。脂っこいものや甘いものばかり食べていると母乳はドロっとしていて、赤ちゃんの身体を冷やす原因になり便秘をしやすくさせます。

粉ミルクの場合、ミルクが合わないということも考えられます。メーカーによって栄養分の違いはそれほどないのですが、成分の違いがあるためミルクが合わずに便秘になることもあるのです。ためしに他メーカーに変えたら便秘が治った、ということもあるのです。

暑い夏や乾燥した冬など、水分が不足し便秘になることもあります。離乳食が始まった頃も水分が不足することがあるので、意識して水やお茶などの水分を摂らせましょう。

自分で自由に動くことが出来ない赤ちゃんは、運動不足による便秘になることもあります。ママが体操やマッサージなどで身体を動かしてあげる必要があります。

新生児の便秘の症状

便が2,3日出なくても、機嫌が良く、苦しそうな様子がなければもう少し様子を見て大丈夫です。便秘とはいえません。でも「ちょっといつもと違うかな?」と思ったら、よく赤ちゃんを観察してみてください。

いつもの排便の間隔より長くなかなか出ない、排泄の時に苦しそうだったり痛がって泣く、おなかを触ると固く張っている、などの症状が見られたら便秘と考えていいでしょう。

上記のような症状がみられた場合は、すぐに排便を促してあげなければ慢性化して症状が重くなることがあります。判断が難しい場合は、病院で診断してもらいましょう。

sponsored link

すっきり解消!綿棒浣腸

White_menbo

新生児は大人のように薬で便秘を解消することはありません。そこで赤ちゃんの便秘解消法、「綿棒浣腸」のやり方をご説明します。

使うものは大人用の綿棒とベビーオイル又はオリーブオイルです。赤ちゃん用の綿棒は細くて固いので不向きです。

綿棒にオイルをたっぷり染み込ませて、綿棒の先の綿の部分を赤ちゃんの肛門に入れます。奥までいれすぎないように注意して。そして「の」の字を書くように優しくゆっくり動かします。それほど嫌がらないと思いますが、一応足を押さえておくと安心です。

絶対に強く動かしたり、長時間行うのはやめてください。

これで肛門が刺激されて排便を促すことができます。

マッサージで排便習慣を

排便を促すためにマッサージも有効です。毎日行うことで排便の習慣をつけ、便秘予防にもなるのです。音楽を聴きながら赤ちゃんがリラックスしている状態で、優しく声をかけて行いましょう。

「の」の字マッサージ

手の平で赤ちゃんのおなかに「の」の字を書くようにやさしくなでます。おへそを中心にしてなでるといいでしょう。腸が刺激され排便を促します。

金魚運動

仰向けに寝かせ赤ちゃんの足首を持って左右にゆらゆら揺らし、腸に振動を与えます。金魚が尻尾をふりふりしているように、優しく動かしてみましょう。

自転車こぎマッサージ

仰向けに寝かせ足首を持って足を交互に動かします。自転車をこぐようにすることで、足腰の筋力をつけ自ら排便する力を高めます。

肛門マッサージ

赤ちゃんの肛門を指で刺激します。オムツ替えのときのように足を持ち上げ、指で軽く肛門を押します。ウンチが突然飛び出すことがあるので注意してください。

まとめ

便秘はおなかが苦しいだけではなく、深刻な病気を引き起こす原因にもなります。原因を取り除き、毎日のマッサージで、気持ちの良い排便習慣をつけさせてあげたいですね。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ