新生児の平均体重はどのくらい?体重が増えない時はどうすればいい?

baby-772439_640

1ヶ月検診で他の赤ちゃんを見ると我が子が小さくてショックだった、などという経験をしたママもいるのではないでしょうか。赤ちゃんの体重の変化について考えてみましょう。

sponsored link

新生児の平均体重

赤ちゃんの体重はちょっとしたことで変化することがあります。例えば、ウンチが出ていない、ミルクを多く飲みすぎた、などちょっとしたことで増減するものです。

出生時の平均体重は2500~3000gです。

生後3~5日の頃「生理的体重減少」と言って一時的に200~300gほど体重が減ることがありますが、自然な現象なので心配することはありません。その後、1日25~30gくらいずつ体重が増えていきます。

3ヶ月目までは毎月約1kg増えるので、3kgで生まれた赤ちゃんは1ヶ月目で4kg、2ヶ月目で5kg、3ヶ月目で6kgになります。3ヶ月たつと生まれたときの2倍に成長するんですね。ちなみに、1ヶ月検診では700g~1kg増えているのが目安です。

4ヶ月目からは体重の増え方が緩やかになってきます。寝返りをしたり手足を動かすことで運動量が増えるためです。急に体重の増え方が鈍くなったからといって、過剰に心配せず、赤ちゃんの機嫌が良く排便や授乳に問題がなければ心配する必要はありません。1日10~20gくらいずつ体重が増える時期です。

6ヶ月を過ぎると更に増え方が緩やかになり、「体重が増えていないんじゃないか」と心配になることがあると思いますが、1ヶ月で300gくらい増えていれば問題ありません。男女差や体格、運動量によってふっくらした子やほっそりした子と見た目にも差が出てきますが、比べずに我が子の様子をみて判断しましょう。焦ってミルクや離乳食を増やしたりしないようにしましょう。

満1歳では生まれた時の3倍まで体重が増えます。

sponsored link

体重が増えない原因と対策

でも明らかに体重の増加が少ないとやはり心配になります。どのように対応したらよいでしょうか。

母乳が足りない

母乳育児の場合、赤ちゃんが飲んだ量がわかりずらく、十分な量を飲めていないのかもしれません。授乳の後、泣いたりもっと欲しがる場合は足りていない可能性があります。

母乳はたくさん出ているのに赤ちゃんが上手に飲めていない場合は、上手にくわえられるように高さや角度を変えて練習してみましょう。母乳があまり出ていない場合は、ミルクを足して補うことが必要かもしれません。

室温が寒い

赤ちゃんが快適に過ごせる室温は24℃前後です。赤ちゃんは体温調節の力が未熟なため、寒いと体温を維持しようとたくさんのエネルギーを使います。そのため、授乳で摂取したカロリーを使ってしまうのです。

衣服や毛布などで保温して、エネルギーを使いすぎないようにしてあげましょう。床も冷えやすいので、床に寝かせる場合は厚めの敷布団やマットを敷き冷えないようにしましょう。

活発に動く

よく動く子とおとなしい子では、当然よく動く子のほうがカロリーを消費します。たくさん飲んでいるはずなのに体重が増えない、という場合は赤ちゃんの運動量に着目してみてください。

じっとさせることは不可能なので、ミルクの量を増やしたり離乳食が始まっていれば量や回数を見直してみるといいでしょう。

まとめ

数値だけに惑わされずに赤ちゃんが元気にニコニコと成長していることが一番大事なことなのです。赤ちゃんがご機嫌に過ごしていれば体重の増加が少なくても問題ないと思いますが、どうしても心配な場合は保健センターや病院に相談してみましょう。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ