妊娠するとやっぱり太る?出産後のダイエットのおすすめと注意点!

PPG_huruitaijyuukei-thumb-autox600-13376

「検診の時、いつも体重が気になる…」

「産婦人科の先生に怒られた」

そういった話をよく聞きます。

妊娠中は赤ちゃんの分も栄養を摂らなければならないのに、太らないように注意もしなければならない、というのはとても大変ですよね。

sponsored link

Q.妊娠中はどうして太るの?

A.無事に出産を終えるためです。

妊娠中ホルモンのバランスが変わり、脂肪や水分が蓄積しやすくなっています。

生理前に体がむくみがちになるのも同じです。

Q.いつからダイエットを始めたらいいの?

A.1か月検診の後から、6か月までがねらい目。

産後はホルモンバランスが元に戻るので、食べすぎたりしない限りはある程度脂肪は落ちていきます。

出産により体に負担がかかり、疲れている状態なので、1か月ほどはゆっくり休みましょう。

産後の1か月検診で体に問題が無ければ始めてもいいと思います。

また、産後6か月以内に行うとダイエットの効果が出やすいと言われています。

それ以上経つと、落としにくい脂肪に変わってしまうため、落とすことが難しくなってしまうので注意!。

Q.ダイエットを続ける秘訣は?

A.1日一回、時間を決めて体重計に乗ってみましょう!

メリット①

体重の変化が分かるため、減った時は嬉しく、増えた時は焦るためやる気の維持がしやすい。

メリット②

普段から体重を意識するようになり、食べすぎが予防できる。

1日1回体重を記録するのは、「レコーディングダイエット」とも呼ばれ、簡単ながらも効果の出るダイエットとして有名です。

体重記録用のアプリも出ていますので、育児の合間にもサッとできますね。

Q.お腹が空いて間食をしてしまう…

A.1日の食事を4~5回に分けてみて!

お相撲さんは1日2食、というのをご存知ですか?

1日2食で一回の食事量を多くすることで大きな体を作っているのです。

お腹が空いた状態が続くと、体が飢餓状態になってしまい、より多くの栄養を取り込もうとします。

そのためたくさん食べなくても太ってしまうことが…

食事回数が多くても、1日で食べる量がトータルで変わらないなら食事を小分けにした方が痩せやすい体に。

また食欲が湧かない方も、これを行うことで栄養をしっかり摂ることができるのでオススメです。

Q.産後太りやすい食べ物は?

A.油が使われているものや糖分が多いものです。

油っぽいもの…揚げ物、ラーメンやパスタ麺(つなぎに油を使用)、豚肉・牛肉、マヨネーズ等

糖分が多いもの…餅やもち米、炭酸飲料やジュース、ケーキ、菓子類等

これらが太りやすいのは、血液の流れを悪くするため。

母乳は血液からできていますから、血液の流れを良くすればそれだけ母乳が出るようにもなるため太りにくくなります。

母乳で消費するカロリーは一日になんと600~800kcal

ウォーキングに換算すれば2時間です!

sponsored link

Q.産後簡単にできるダイエットでおすすめは?

A.骨盤ダイエットがオススメ!

出産によって開いてしまう骨盤。

骨盤が開いていると、特に下半身が太ってしまうのはご存知ですか?

骨盤がずれていると血流が滞るため脂肪や老廃物もたまりやすく、むくみの原因にも…。

骨盤が開いていると腰に負担がかかり、腰痛の原因にもなってしまいます。

育児では中腰になったり、抱っこすることも多いので早めに直してあげましょう。

骨盤を回す

腰に手を当て、両足は肩幅くらいに開きます。

上半身と足を動かさないよう、骨盤だけをぐるっと回してみてください。

左右10回ずつが1セットで、1日5~10回を目標に行いましょう。

腰の疲れも取れるので、楽になりまよ!

前屈、後屈

脚を肩幅くらいに開いて前屈したら、ゆっくり元の姿勢に戻します。

次に後屈、無理せずに気持ちがいいところまでやりましょう。

無理をすると逆に腰を痛めてしまいます!

前後屈で1セット、1日10セットが目安です。

骨盤ウォーク

脚を真っ直ぐ伸ばして床に座り、手は胸の前で×の形に組みましょう。

座ったまま、足を順番に前に出し進みます。

おしりで歩くような形ですが、おしりよりも骨盤で歩くことを意識してください。

反動を使ったら効果は半減、腕や上半身はなるべく動かさないように!

前に10歩進んだら後ろに10歩戻り、1セット。

1日2~3セットが目安。

その他、詳しい画像つきの説明が見たい方はこちらのサイトで詳しく解説してくれています!

http://www.diet-pinky.com/sango/kotsuban.php

 

これらは腰痛にお悩みの方にもおすすめです。

ただし、効果を出そうと力んでしまうと逆効果!

腰を痛めてしまいますので、必ずゆっくり呼吸をしながら、リラックスして行ってくださいね。

また重心は体の中心を意識してください。

どちらかに曲がっていると、骨盤がゆがむ元になってしまいます。

まとめ

yjimage

女性なら誰でもスタイル維持には気を使っていることと思います。

出産はとても体力を使うので、必ず産後1か月は体を労わってあげてくださいね。

1か月過ぎれば、育児も少し慣れ、スキマ時間も見つけることができるようになります。

焦ってしまう気持ちもわかりますが、体を壊しては赤ちゃんのためにも良くありません。

是非無理のないように進めてくださいね!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ