お中元の礼状の書き方と文例!7月の季語って必要?

e0105

お中元が届いたら、礼状を書くのが正式なマナー。

とはいえ、どのように書いたらいいのか分からないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

身内など、親しい関係の人なら電話やメールで済ませることもできますが、あくまでもこれは略式。

普段親しいからこそ、こういう時に改まってお礼状を送るのもいいかもしれませんね。

今回はお礼状の書き方や文例、そしていろいろな疑問について調べてみました。

sponsored link

なるべく早くお礼状を送る。

一番重要な点ですよね。

できれば届いたその日のうちに用意したいものです。

「ありがとう」という感謝の気持ちは文章にこめることも大切ですが、相手により伝わるようにするには早さが特に重要なのではと思います。

お礼状を書く時の流れは?

  • 「拝啓」などの頭語

 

  • 時候の挨拶+相手の健康を尋ねる言葉

時候の挨拶…「猛暑の候」「酷暑の候」「厳しい暑さが続いていますが」など

相手の近況を尋ねる言葉…「皆さまいかがお過ごしですか」「お変わりなくお過ごしでしょうか」など

季語を入れたい場合はこちらに入れるといいと思います。

 

  • お礼の言葉

例:「結構なお品をいただきありがとうございました」「素敵なお品をありがとうございました」など

親しい関係の人なら、形にこだわらず自分の言葉で素直に伝えた方が、なお気持ちが伝わると思います!

 

  • (家族がいる場合)家族も喜んでいることを伝える言葉

例:「家族一同喜んでおります」「子どもたちも「(子どもの言葉)」と大喜びしております」など

 

  • 今後のおつきあいをお願いする言葉

例:「今後ともよろしくお願いいたします」

「○○さんにもよろしくお伝えください」(相手に家族がいる場合)など

 

  • 暑い時期なので、相手の健康を気遣う言葉

例:「まだまだ暑さが厳しいようですので、どうぞご自愛ください」など

 

お中元にお返しは必要?

一般的にはお中元にはお返しは不要です。

しかしお返しをしたい場合は、お礼状を送った後にタイミングをずらして送る方法、お返しにお礼状を添えて送る方法があります。

どちらの場合も、お返しを送らせていただいた旨を礼状の中に書くようにしてくださいね。

お中元のお返しがお中元ではなんだか変な感じがしますよね。

そういった時は暑中見舞いや残暑見舞いとして送りましょう。

目上の方に送る場合は、「暑中見舞い」は×。

「暑中御伺」「残暑御伺」と書くようにしてくださいね。

暑中見舞いは立秋の前日まで、立秋以降は残暑見舞いとなります。

暑中見舞いの書き方はこちら

残暑見舞いの書き方はこちら

sponsored link

お返しをする時の注意点

お返しをする場合は、お中元で頂いた品と同じくらいの額のものを選ぶようにしましょう。

明らかに高額なものを返してしまうと、相手も気分を悪くされる場合もありますし、「来年からはお中元は結構です」という意味になってしまいます。

文例のオススメサイトは?

☆Super書き方・文例集

http://www.jp-guide.net/super/rei_jo/chugen.html

こちらは個人用だけでなく、ビジネス用も豊富。

お返しを送るケースやお断りするケースなど、様々なケースを想定した文例が掲載されています。

この時期の時候の挨拶も載っていますので、自分の言葉で、でもあちこち調べずパッと済ませたい方にはオススメ。

 

☆お礼状、手紙の書き方と例文

http://letter.sincerite-shop.com/otyugen_reijyo.html

こちらははがきに書く場合のレイアウトも載せてくれています。

どのようなレイアウトで書けばいいのか悩んだ時はこちらがオススメ。

縦書き、横書き共に載っています。

 

☆夏の風たより

http://summer.fool.jp/

かわいく涼しげなお礼状を送りたい方には、こちらの無料で使える素材集がオススメ。

はがきのサイズになっているので、自分で印刷して言葉を書きこむのもよし、ワードなどで文字入れをしてから印刷するのもよし。

種類も豊富で2015年新作も出ていますので、一度覗いてみてください。

 

まとめ

難しく考えてしまいがちなお礼状。

ビジネス相手など、然るべき相手に書く場合は失礼がないよう書くことが大事ですが、親しい間柄の人なら難しく考える必要はありません。

自分の言葉で感謝の想いを伝える方が、より相手に伝わりやすくなります。

送る相手との関係を考え、柔軟に対応していくことが大切です。

お礼状作りに悩んでいる方、少しでも参考になれば幸いです♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ