保育園と幼稚園の違いって何?様々な角度から比較してみよう!

スクリーンショット 2015-07-02 17.18.56

子供を預ける施設として保育園と幼稚園があります。この両者の違いは何なのでしょうか?

簡単に言うと、保育園は親の代わりに保育を行う場所で、幼稚園は学習機関です。管轄も保育園は厚生労働省で、幼稚園は文部科学省と全く違うのです。

sponsored link

入園方法

保育園に入園したい場合

保育園は園ではなく自治体に申し込みます。幼稚園に比べて書類が多いのでよく確認する必要があります。役所に足を運び書類の提出などしなければいけません。

4月入園が一番入りやすいのですが、空き状況によって毎月選考があるので途中入園をしたい方はよく情報をチェックしておいてください。

幼稚園に入園したい場合

幼稚園は直接園に問い合わせをして申し込みます。考査がある園とない園がありますが、簡単な面接程度のところもありますし、申し込み順、全員入園可能というところもあります。

有名私立幼稚園になると考査内容も多くなるので、いわゆる「お受験」のための練習が必要になります。

入園条件

保育園は条件がある

保育園は子供を保育できない何らかの理由を示さなければ入園できません。

・両親共に働いている
・出産
・病気療養など

の理由を示す必要があります。そのため関係書類の提出をしなければいけません。

・勤務証明書
・母子手帳
・診断書など

入園理由によって提出する書類が違いますので、よく確認してください。

参考:幼稚園に入園できる年齢って何歳?必要な手続きも分かりやすく解説!

幼稚園は条件なし

幼稚園は特に条件はありません。働いていても専業主婦でもそれで落とされることはありません。

私立の幼稚園の中には、多少気にするところもあるようですが、幼稚園には預けるための厳しい条件はありません。

sponsored link

対象年齢

保育園は生後すぐから

保育園は0歳から5歳ですが、園によって多少違いがあり、産休明けから預かってくれる園や、1歳からと決められている園など様々です。

幼稚園は3歳または4歳から

幼稚園は3年保育の場合は満3歳から、2年保育の場合は満4歳からです

。満3歳の前にプレスクールとして、週数回通える制度を取り入れている園もあり、プレスクールに通っていた子は入園に有利などということもあるようです。

保育内容

保育園は生活の延長

保育園は保育時間が長いので、生活の場と考えていいでしょう。自由遊びの時間が多く、トイレトレーニングや着替えなどの生活習慣を教えてくれます。

保育園出身の子は生活力がある、と言われるのは園での生活で身についているからなんですね。そして年上年下関係なくもまれているので、たくましい子が多くちょっとのことではへこたれない子が多いように思います。

幼稚園はカリキュラムで行動

幼稚園は保育園に比べ、保育時間が短いのでその中でカリキュラムを組んで学習をしています。

自由遊びと課題をこなしながら、小学校入学へのステップを作り集団生活のルールを覚えていきます。

整列して静かに待つ、先生の話を聞くなど、毎日のように繰り返し行っているので自然と身についています。

受験を意識した園もあれば、のびのびと自由保育のみという園もありそれぞれの特徴があるので、どんな内容の園に入れたいか事前にしっかり調べることをお勧めします。

まとめ

images

保育園でもワークブックなどを取り入れ学習に力を入れている園もあるし、幼稚園でも身体を動かすことを中心としたパワフルな園もあるので、一概には言えないところがありますが、園によって特徴が様々なので入園前の情報収集をしっかりして選ぶことが重要です。

合わせて読みたい記事はこちら☆

幼稚園、保育園でのママ友の作り方と付き合い方のコツとは?

幼稚園に行きたがらない子供への正しい接し方とは?

幼稚園の習い事おすすめランキングBEST3!かかる費用はどのぐらい?

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ