私立幼稚園の費用はどのくらい?公立との違いと気になる補助金について!

スクリーンショット 2015-07-02 17.42.54

幼稚園には公立幼稚園と私立幼稚園があります。
市や区などの自治体が運営しているのが公立、個人や学校法人などが運営しているのが私立です。

sponsored link

公立幼稚園にかかる費用

公立幼稚園は自治体が運営しているので公的資金が投入されるため、保育料が安いのが特徴です。

・入園料…6~8000円程度
・1ヶ月の保育料…1万円前後

他にかかる項目は、制服・教材費・行事・PTA費・給食費・バス代などです。

私立幼稚園にかかる費用

私立幼稚園は国からの資金援助がないので公立に比べ高くなっています。園に一任しているのでびっくりするほど高い園もあります。

・入園料…3万~10万を越えるところもあり
・1ヶ月の保育料…2~4万程度

他にかかる項目は、制服・教材費・行事・PTA費・給食費・バス代などです。

ただし思わぬところで費用がかかることもあります。

日帰りの遠足で3万くらいかかったとか、1泊登山の親子の宿泊費がかかったなど、園によって違いが大きいので入園前にある程度の情報を得ておいたほうがいいと思います。

関連:幼稚園に入園できる年齢って何歳?必要な手続きも分かりやすく解説!

補助金

公立幼稚園は補助金がない

保育料が安いので補助金はありません。

ただし、兄弟の有無や世帯収入によって減免制度というものがあり、保育料の負担は減ります。

私立幼稚園は補助金がある

公立に比べ高いのですが、自治体からの補助金があります。

入園料の補助と保育料の補助があり、兄弟の有無や所得によって金額が変わってきます。そのため補助金の分を差し引くと、公立の費用とあまり差がない場合があります。

sponsored link

費用の差は保育内容の差?

経営母体や補助金などを踏まえた上で、元々の費用の差があるということは保育内容にも差があるのでしょうか?

公立幼稚園はのんびりアットホーム

公立の先生は自治体の職員なので公務員ということになります。

そのため転勤することもあり、どこに行っても対応できるように園ごとの保育内容に大きな差はないようです。

先生はベテランの先生が多く、頼もしい頼れる存在でもあります。自由保育が中心で、親子で行う行事も多くアットホームな雰囲気の園が多いのが特徴です。

派手さはなくてもベテランの先生の下のびのびと活動してほしい、というご家庭に向いているのではないでしょうか。費用を安くして習い事に力を入れたい、という方も多いようです。

私立幼稚園は各園ごとにカラーが違う

私立幼稚園は園ごとに独自の特色を出しています。

身体を動かすことに力を入れている園、英語や体操など課外授業を多く取り入れている園、自由保育のみの園など様々です。

仏教やキリスト教の幼稚園もあり、座禅の時間や礼拝の時間など園の宗教に沿った内容も行っています。

保育内容の選択肢が多いのが私立幼稚園のいいところです。多少お金をかけても我が子に合った園に入れたい、と思うなら私立の園を検討してみることをお勧めします。

内容の違いはあるが質に差はない

公立と私立、内容に違いはあるものの、費用によっての優劣はありません。先生は子供たちが楽しく安全に園生活を送れるように配慮し、成長を見守ってくれています。

園の雰囲気や保育内容を検討し、我が子に合った園を選ぶといいのではないでしょうか。

まとめ

自治体によって補助金の額は違うので、ご自分のお住まいの自治体に問い合わせをして確認してください。

入園前にどれくらいかかるのかを把握しておいたほうが後で焦らなくすむので、気になることは自治体や幼稚園に聞いて納得した上で、お子さんを通わせる園を選んでください。

合わせて読みたい記事はこちら☆

保育園と幼稚園の違いって何?様々な角度から比較してみよう!

幼稚園、保育園でのママ友の作り方と付き合い方のコツとは?

幼稚園に行きたがらない子供への正しい接し方とは?

幼稚園の習い事おすすめランキングBEST3!かかる費用はどのぐらい?

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ