京都大文字送り火、2015年の開催日程と穴場スポットは?雨天の場合は中止になる?

209042026_624

京都の夏の風物詩と言えば、「大文字」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし、「詳しく知っている!」と言う方は意外に少ないような気がします。

今回は、「大文字の送り火」についてご紹介したいと思います!

sponsored link

■大文字の送り火とは?

普段「大文字の送り火」と呼ばれているこの行事。
正式には「京都五山の送り火」と言います。

この送り火は、死者の霊をあの世へ送り届けるという意味が込められています。

ちなみに「大文字焼き」と言う言葉をよく耳にしますが、この京都五山の送り火のことは含みません。

大阪や栃木、秋田などでこの「大文字焼き」は行われていますが、京都の五山の送り火を「大文字焼き」と言うと、地元の方にはあまりよく思われないようです。

毎年8月16日に行われ、平日でも10万人もの見物客が訪れます。

「大文字」が有名ですが、その他にも「左大文字」「妙法」「船形」「鳥居形」の5つの火が京都を囲む山々に灯されます。

■何時頃に始まるの?

2015年8月16日(日)

「大文字」 …左京区大文字山  20:00点火
「妙法」  …左京区松ヶ崎   20;05点火
「船形」  …北区西加茂船山  20:10点火
「左大文字」…北区大北山    20:15点火
「鳥居形」 …右京区嵯峨鳥居本 20:20点火

2014年から点火時間が変更になり、5分ごとに点火されることになりました。
それぞれ、約30分点火されます。

そんなに長い間灯されるものではないので、早めにベストスポットをみつけておくことが大事ですね♪

sponsored link

■おすすめスポットは?

全てを観るのは難しいので、どの送り火を観るか絞ることが大事です。

それぞれのおすすめスポットをご紹介していきます!

「大文字」

・今出川大橋…ここからの眺めは素晴らしいですが、人気スポットだけあって、人出はとても多いです。

「妙法」

・北山通り、高野川堤防付近

「船形」

・北山大橋

「左大文字」

・船岡山公園…大文字や妙法も見えますが、やはり見物客は多いです。

「鳥居形」

・嵐山(広沢池)、松尾橋

また、京都御苑や真如堂なども複数の送り火を観ることができるのでおすすめです。

95104697_624

ちなみに、京都駅ビルの空中経路は5つすべての送り火を観ることができますが、700人限定の抽選なので、注意が必要です。

7月中に、応募期間があるので、ホームページ等チェックしましょう☆

さらに、もつとゆっくりと楽しみたいなら、高層ホテルに泊まって部屋から眺めるのもいいかもしれません。

京都国際ホテルや京都タワーホテルなどでは、鑑賞プランも用意されていますし、バスツアーで送り火鑑賞ツアーが組まれているところもあります。

■雨の場合はどうなるの?

よほどの豪雨(台風並み)でもない限り、雨天決行です。
それでも、やはり晴れているほうがいいですよね♪

■まとめ

当日は、車で行くのはおすすめしません。(渋滞は避けられません!)
公共交通機関を使って行きましょう。

祇園祭りと並んで、夏の風物詩として有名な京都五山送り火。
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか?

京都観光に便利なホテルはこちら☆

京都を観光するのに便利なホテルのおすすめランキング!

京都の格安ビジネスホテルとゲストハウスのおすすめ!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ