スムージーの定番レシピ!バナナやリンゴに豆乳を使って美味しく健康に!

33dbf81484ab0ace46390d053e454d27

スムージーって、葉物野菜を使った、いわゆるグリーンスムージーだけじゃないんです。
緑色でなんだか飲みにくい…どうしても野菜がダメ…

そんな方は、野菜を使わないフルーツスムージーがおすすめ!
フルーツにだって栄養はたっぷり入っていますからね♪

さらに今回は豆乳を使った、より女性に嬉しいスムージーレシピをご紹介します。

sponsored link

スムージーの定番フルーツ、バナナやリンゴってこんなにスゴイ!

スムージーの定番フルーツといえば、バナナとリンゴ。

苦い野菜を甘くして飲みやすくしてくれるほか、味が強めなのでミックスしても
おいしさが残るところが重宝されているひとつの理由かも。

でも、バナナとリンゴって味だけが魅力ではないんですよ!

おなじみのフルーツなので、なにか目新しくて栄養もあるフルーツが注目されたりすると
みんなそっちに走っていってしまいがちですが(笑)

バナナとリンゴって、本当はものすごーーく女性に嬉しいフルーツなのです♪

まずはバナナから。
バナナには「美容ビタミン」とも呼ばれるビタミンB類がたっぷり
肌荒れ予防などにもオススメのフルーツです。
そして食物繊維も豊富なので、便秘解消にもいいですよ!

_1431796649_29846

あまり知られていないのが、「トリプトファン」という成分が、
体内で「セロトニン」というホルモンに変わるため、リラックス効果もあるということ。

さらにさらに、コレを知らずにソンしている人が多い!!
捨てる人も多いスジの部分には、美容効果の高いポリフェノールたっぷりなんですよ!

こんな嬉しいポイントが多いのに1本80キロカロリーと意外と低く、
その割に腹持ちもいいのでスムージーにはピッタリってわけです。

お次は、リンゴ。
リンゴには、とても強い抗酸化作用のある「プロシアニジン」という
ポリフェノールが含まれています。

shutterstock_19154770

これが、カラダを老化に導くこわーい活性酸素を除去してくれる働きがあるんですよ。

ほかにもビタミンCによってシミ・ソバカス予防や美白効果などお肌にも◎
さらに、カリウムが豊富に含まれているので、むくみが気になる人にもオススメ!
さらにさらにさらに!食物繊維もあるので便秘予防にもバッチリ!

どうですか?もっとも身近なフルーツであるバナナやリンゴにこれほどの栄養が含まれているなんて、驚きですよね!

なんだか、改めて見直しちゃいますね♪
普通にスーパーに並んで、普通に食べられていることに感謝なのであります…!

sponsored link

豆乳って牛乳よりもヘルシーな飲み物でしょう?
実はそれ、まちがいなんです

豆乳は、牛乳よりもカロリー低くて良いもの!そんなイメージありませんか?
実は、豆乳と牛乳はまったくの別物。

牛乳はコップ1杯で成人の1日に必要なカルシウムの1/3が摂れるもの
ちなみにカロリーだけで言えば、低脂肪牛乳は豆乳よりも低かったりします。

一方豆乳はというと、コレステロールの吸収を抑えてくれたり、
中性脂肪を下げる効果が期待されていたり、
「オリゴ糖」が腸内環境を良くしてくれて便秘予防になったり。

for-nerds-that-really-wanna-know-what-makes-soy-milk-625x352

そもそも、豆乳と牛乳を比べることはできないのですね!
なんとなーく、牛乳よりカラダに良さそうだから…
なんて牛乳の代わりにするのではなく
豆乳ならではの栄養を摂っていることを意識しておきましょう♪

フルーツ+豆乳スムージーの作り方

さて、いよいよフルーツと豆乳スムージーの作り方!
先ほど栄養がわかったバナナやリンゴ以外にも
豆乳スムージーにぴったりのフルーツもご紹介しますよ♪

QP00010688L

バナナ(1本)+豆乳(50ml)+バニラアイス(120ml)
バナナと豆乳だけでもおいしいのだけれど、暑い季節はバニラアイスも相性バッチリ!
バニラアイスを入れない場合は、バナナ(1本)+豆乳(200ml)でOKです。

リンゴ(100g)+豆乳(150ml)+白ごま(150ml)+はちみつ(おこのみの量)
ゴマには脂肪を燃焼しやすく働きがあるので、ダイエットにも◎です!

グレープフルーツ(1個)+豆乳(120ml)
グレープフルーツは疲労回復にぴったり。豆乳とあわせるとまろやかになります。

ブルーベリー(30粒)+豆乳(140ml)+ヨーグルト(大さじ2)+はちみつ(おこのみの量)
実は食物繊維もたっぷりなブルーベリー。冷凍ブルーベリーだとフローズンスムージーに♪

レーズン(50g)+白ごま(大さじ1)+温めた豆乳(200ml)+はちみつ(おこのみの量)
レーズンはコレステロールゼロなのに甘味があって美味♪豆乳を温めたホットスムージーです

レシピの可能性は無限大の豆乳スムージー!
いろいろトライして、新しい味を見つけてみるのも楽しいですよ♪

豆乳をつかったフルーツスムージーまとめ

グリーンスム―ジーはニガテ、家族が飲んでくれない、飽きちゃった…
そんな方にもオススメのスムージーをご紹介しました。

ちなみに健康重視でグリーンスムージーが気になる方はこちら。

ほうれん草や小松菜などの野菜を使った超ヘルシースムージーの作り方!

ダイエットととしてスムージーに挑戦したい方はこちら。

朝食酵素スムージーダイエットの始めて理想のボディに!

いろんなスムージーにチャレンジして、
もっともっとたのしく、幅広く栄養を摂っていきたいですね!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ