赤ちゃんの名前はどう決める?姓名判断はどうやってやるの?

NS725_akacyannote-thumb-815xauto-14169

赤ちゃんが生まれる時、まず最初に悩むことが「赤ちゃんの名前」。

どんな名前をつけたらいいの?いい画数って?いい漢字はどれ?と悩む方も多いはず。

今回はそんな名づけのお悩みについてお答えしていきたいと思います。

sponsored link

名前を決めやすい順序がある!

名前を考える時、どこから始めていいかわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんな時はまず「どんな音がいいか」から考えてみてください。
名付けに使える漢字は約3000!その中から選ぶのは大変なこと。

お好きな漢字、入れたい漢字がある場合は別ですが、それがない場合はまず「読み方」から考えたほうが、自分がつけたい名前のイメージが固まってきます。

名づけ辞典や名づけランキングをチェックしてみよう!

なかなか思い浮かばない場合、名づけ辞典やランキングを見てみるのもオススメです。

ピンときた名前、ちょっと気になる名前をピックアップして、紙に書き出してみましょう。だんだん自分がつけたい名前のタイプが分かってくるはずです。

共通点がなかなか見つけられない場合は、名前の始めか終わりの一文字に注目してみてください。

「き」で終わる名前が多い、「か」が多い、「な」から始まる名前が多い…など、共通点がみつけやすくなります。

赤ちゃんの名前人気ランキング!今後キラキラネームはどうなる?

名前の母音占いって?!

今名前の母音占いが注目されているのはご存知ですか?

母音とは、子音の後につく音です。
たとえば「と」の母音は、「と」→「TO」、母音は「o」になります。「か」の母音は「KA」、「a」の音ですね。

なぜ母音占いが注目されているかというと、名前はまだ言葉も分からない時に入ってくるため、その音が持つ力が働き、性格に影響を与えるのでは?という理由からです。

占い方は簡単。名前の最初の文字の母音か、最後の文字の母音を見るだけ!
例)母音が「a」の人…口を大きく開いて発音する音のため、明るく力強い人が多い。等

最初の文字の母音なのか、最後の文字の母音なのかで多少結果は変わりますが、大体同じような結果が載っているところが多いです。

まとめているサイトがたくさんありますので、参考にしてみるといいかもしれませんね。

姓名判断ってどうやるの?

「名前によって運勢が変わってしまうのでは?」
そう心配する方も多いのではないでしょうか。

実は姓名判断には、いろんな流派があるのをご存じですか?
流派によって、同じような名前でもたった一字で吉凶が分かれてしまうことがあるのです。

今はインターネット上にもいろんな無料の姓名判断があるので、まずはそういったもので見てみるのもいいかもしれません。

近くに専門家がいる場合は相談してみるのもいいと思います。
ただ気を付けなければいけないのは、字画が全てではないということです。

姓名判断もあくまで占いですので、ある程度時代の変化があったり、また流派ごと同じ漢字でも画数が違ったりします。

「字画が合わないから」と、つけてあげたかった漢字を渋々変えてしまうのはもったいないのではないでしょうか。

また専門家に相談する場合も、まずはご家族で「どんな名前をつけてあげたいか?どんな願いをこめるのか?」ということを具体的に説明できるようにしておく必要があります。

何故なら、子どもにとっての「いい名前」とは、「ご家族の方に愛情を持って呼んでもらえる名前」であるからです。

まとめ

ご家族の方が愛情をこめて呼ぶ名前は、まだ言葉が分からない赤ちゃんにもとても心地よい音として響きます。

これから一生呼ばれることになる「名前」。
是非ご家族で考え、赤ちゃんにぴったりのお名前を考えてあげてください。

言葉は伝わらずとも、名前にこめた思いはいつか子どもに伝わります。
いろんな人に親しみをこめて呼んでもらえる、素敵な名前をプレゼントしてあげてくださいね。
PAK85_prezentribon1278500-thumb-815xauto-3720

良かったらこちらの記事もどうぞ☆

育児の悩みやストレスの原因とは?イライラしない子育てのために必要なこと!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ