長岡花火大会、2015年の宿泊ツアーのおすすめやフェニックス席の予約方法とは?

IMGP9857_3s

◎長岡花火大会は、日本3大花火大会の1つに数えられ、他の花火大会とは違い、「競技が行われない」ことで有名です。

昭和20年8月1日の空襲、また平成16年の中越地震から「慰霊と復興」の願いを込めて毎年行われてきました。

今回は、そんな長岡花火大会の詳細情報についてご紹介したいと思います。

■日時・開催場所

この花火大会は「長岡まつり」のメインとなっています。
8月1日の前夜祭、8月2日~3日の本祭へと続き、花火は2・3日の2日間行われます。

時間:19:25~21:10

会場:信濃川河川敷、長生橋下流(新潟県長岡市大島町)

信濃川の河川敷で行われ、電車ではJR長岡駅から徒歩30分、車では関越道長岡ICからおよそ20分です。

駐車場も相当数確保されており、公式ホームページによると、無料は約5000台、有料でも1300台程あります。

長岡ICはかなり込むので、少々余裕を持って来場するか、遠回りでも、別のICを使った方がいいかもしれません。

■宿泊ツアーのおすすめは?

一番のおすすめは「クラブツーリズム」のツアーでしょうか。

バスツアー・列車ツアーなど、多種多様なツアーがあります。

クラブツーリズム専用の浅敷席があり、ゆっくりと大迫力の花火が鑑賞できます。

イス席も用意されているので、身体の負担も少なく、近くにはトイレも完備されています。

近くに、クラブツーリスト専用の駐車場もあるので、宿泊先への行き帰りもスムーズです。

全国からツアーを受け付けていて、最寄りの地域から申し込みができるので、この機会にぜひ、参加してみてはいかがでしょうか♪

■各席の予約方法

長岡花火大会では、様々なシチュエーションの「有料席」が販売されています。

多人数向け・カップル向け・個人向けなど…。
有料席は主に下記のような種類があります。

・一般席
左岸マス席…1マス15000円
左岸イス席…1人3000円右岸マス席…1マス18000円
右岸指定席…1人3000円・専用席

・カメラマン席…1マス5000円
・身障者席(長岡市民限定)…1マス4000円

それぞれに条件等が異なりますので、ホームページなどでしっかり確認しましょう。

一般席・専用席は、5月1日~5月20日にインターネットか郵送で申し込みします。

その後抽選が行われ、当選者のみ、6月12日までに郵送で払込票が送られてきますので、指定の金額を振り込みます。
(中止の場合は、30%の手数料を差し引いた金額が返金され、大会の途中で中止になった場合は払い戻しされません。)

そして、有料席で忘れてはいけないのが「フェニックス席」

_C236436

フェニックス席は、復興祈願花火「フェニックス」を大パノラマで鑑賞できる席です。

フェニックス以外の花火ももちろん観られますし、(ナイアガラなど、下の方で上がる花火は多少欠けてしまいますが…)おすすめの席になっています。

一般・専用席とは違い、フェニックス席は5月17日からコンビニエンスストアの端末で申し込みができます。

他の有料席とは申し込み方法が異なるので注意が必要です。

また、すべての有料席において、残席・キャンセルが出た場合は7月4日からインターネットで販売(先着)されますし、それでも余った場合は当日販売(先着)もありますので、期限を過ぎたとしてもまだまだチャンスはあります!

1年に1度の花火大会、素敵な思い出ができますように…♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ