女子旅日帰り旅行のおすすめ!東京近郊で楽しめるお手軽スポットは?

d607-562-948474-0

お手軽に、でも旅行気分が味わえる場所、ないかな~♪
「自分にご褒美、ちょっとリッチに!」
「都内から出ずに、自然にいっぱい囲まれたい!」
「教室に通うのは無理だけど、自分でインテリアになるものを作ってみたい」
などなど。

ちょっぴり欲張りたい、そんなあなたにオススメ!
東京近郊の日帰り女子旅オススメスポット、まとめてみました!

sponsored link

日帰りできる東京都内の女子旅スポット

今回は遠くまで行かなくても雰囲気を味わえる、東京近郊の女子旅オススメスポットを紹介したいと思います。

ちょっとリッチに♪『東京湾クルーズ』

symphony_1
東京湾をクルーズしながら、おいしいご飯も楽しめてしまう…
そんなちょっと日常から離れて旅行気分を味わえるのがこの東京湾クルーズ。

いろんな会社から出ていて、プランも1000円という超お手軽プランから、10000円を超える本格的なお料理が楽しめるプランまでいろいろ。

ランチやディナー、また夕方のトワイライトクルーズなど、各社さまざまタイプが出ています。
普段頑張って仕事をしている自分に、ちょっとリッチなプレゼントをあげたい時にぴったりですね!

トレッキングで自然を満喫。秘境の温泉で疲れを癒そう!『御岳山』

82026_3
都心から2時間、奥多摩の自然をトレッキングでゆっくり満喫しませんか?
多摩の豊かな自然は、ここが東京都内ということを忘れさせてくれるにはぴったりです。

トレッキングは天気が崩れにくい午前中がオススメ!
ケーブルカーも7時半から動いているため、朝の清々しい空気も楽しめますよ。

疲れたら、南山荘の温泉でゆっくり疲れを癒して。
気になった方はこちらから予約もできます。
参考:http://tabihatsu.jp/special/onsen/program/82027.html

かわいいタイルを手作り体験!『スペインタイルアート工房』

51685_7
先着5名という少人数制で行われているこのスペインタイル絵付け体験。

また1名からでも受けてくれるので、一人でのんびり楽しみたい時でも、お友達と参加したい時でも気軽に体験できるのです!

1~2時間で作ることができ、自分の部屋に飾るにも誰かにプレゼントするにも最適!
ナチュラルな雰囲気で、最近女性に大人気の北欧風の部屋にもスッと馴染んでくれそうですね。

こちらはネットで予約をすることができます♪
HPはこちら⇒http://tabihatsu.jp/program/51685.html?aff=tabitama

sponsored link

東京を別の視点から楽しめる『お江戸日本橋舟めぐり 日本橋川コース』

77509_7
約1時間の船の旅で、東京都内の歴史跡を辿ります。

一時期よく聞いた、「歴女」こと歴史を愛する女性の方々から、そんなに歴史には興味はないけれど、都会に残る江戸の町並みを見てみたいという方まで楽しく参加できます。

電気ボートのため環境に優しく、音も静か。
東京に残る「江戸」や日本橋の名所をクルーが丁寧に説明してくれます。

いつもは通勤で使っている平凡な道でも、船から見たらまた違った風景が見られそうですね。慣れた街並みの中にも新鮮さを感じたい、そんな時にオススメのコースです。

今女性に大人気のスポット『東京大神宮』

IMGP0635

関東の縁結びの最強パワースポットとして、今女性に大人気のスポットです。
人の結婚式を見るのが好き、という女性は結構多いのではないでしょうか。

ここは神前結婚なども行っているため、運が良ければ白無垢の新婦を見ることができるかもしれません。

またここは東京のお伊勢さまとして慕われ、東京にいながら伊勢参りができる神社となっています。

まとめ

いかがでしたか?
女性にオススメの東京の日帰り旅行スポットでした。

東京も観光名所はたくさんありますが、人が多いとかえって疲れてしまうもの。
仕事の疲れや家事の疲れを癒しに行ったのに、逆に疲れてしまった…なんてことは避けたいですよね。

そのため今回は、定番の名所より一人でもゆったりと行けるスポットを集めてみました。行ってみて気に入ったら、友達と「こんな場所知ってるんだよ~」と一緒に行くのも楽しいですね!

ちょっとしたいつものお休みに、気軽な気持ちでプチ旅行。
それだけでもいつもと違った特別感が味わえるはずですよ!

女子旅で他にも色々なスポットを巡ろう☆

国内で楽しめる女子旅おすすめスポット!温泉やエステで贅沢なひとときを!

京都や鎌倉でパワースポットを巡ろう!

九州で楽しめるオススメ女子旅スポット!穴場の温泉も!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ