夏バテの症状と対策は?予防するためのおすすめ食事レシピもご紹介!!

natsubate_girl2

夏!!情熱の季節!!!ああ夏休み!!!
なんてハシャいでられたのも、今は昔…(?)

暑い日長~いことが続くと、全身がダルく食欲も出ず…
つらい夏バテに悩む方も多いことでしょう。

今回は夏バテ対策と、オススメの予防レシピを紹介します。

sponsored link

そもそも夏バテってなに?原因と症状は?

夏バテの原因や具体的な症状を知らずに毎日を過ごしていると、なんとなくカラダがダルく、気が付いたら夏バテだった…そんな方、結構多いと思います。

そもそも夏バテとはどんなモノなのか?まずは原因と症状を知っておきましょう。

まず考えられる原因は、温度差
うだるような暑さの屋外から、エアコンの効いた部屋に入るのは天国!のような気がしますが実はそれ、カラダにとっては地獄への階段…。

温度差は、体力を消耗するほか自律神経がうまく働かなくなる原因に。自律神経が乱れると、胃腸の不調や全身のダルさ、食欲不振を招きます。

さらに大きくやっかいな原因は、疲れが抜けきれず溜まっていくこと!

暑くて寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなることで睡眠不足に陥ります。睡眠不足になると、もちろん日中の疲れがとれません。

疲れを背負ったまま翌日を迎えることになり……嗚呼、負の連鎖…。

カラダがダルい、食欲がない、疲れが溜まっている。これが夏バテの原因と症状です。

「病気じゃないし」なんて、夏バテを甘く見るのは絶対NG!
夏バテによる免疫力の低下によって、夏風邪になる場合もあります。

夏風邪の微熱が続くことで汗をかき、脱水症状を引き起こすことがあるほか、隠れていた疾患が夏バテにより進行してしまうという恐ろしいケースも…。

夏バテから始まってカラダの不調が長く続くようなら、「しょせん夏バテ」なんて思わず、お医者さんに相談することが大切です。

日常生活で気にかけたい夏バテ予防!

とは言え、夏は暑いものだし冷房はつけたいし、睡眠不足はいつもの事だし…
夏になったが最後、夏バテは避けられない気がしてきましたよね…。

でも大丈夫!!日常生活を少しだけ気にしながら予防につとめることで
夏バテを遠ざけることができますよ!

まずは、気温対策!

keyword_img1308

あまりにも暑いからといって、冷房をキンキンに効かせていませんか?
一般的に室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経が乱れやすくなると言われています。

夕方の涼しくなってきた時間帯や睡眠時など、エアコンはこまめに調整しましょう。
「そうは言っても、職場のオジサマがたが冷房のリモコンを手放さないのよ…!!」という方…心中お察しします…。

そんな場合は、風が直接当たらないよう風向きを調整してみたり、自分で上着を羽織る、短いスカートやパンツを控えるなど、体温を調節してみてくださいね。

それから大敵、睡眠不足。夏バテは、疲れを溜めないことが一番の予防法です。

nebusoku1

ビールや花火など夏の夜ほど誘惑の多い夜はありませんが(笑)
なるべく早く眠って、その日の疲れはその日のうちに無くすように心がけましょう。

暑くて寝苦しいときは氷枕や保冷剤を使ったり、寝る1時間くらい前にぬるめのお湯につかっておくと◎。

アロマを焚くのも、心地いい眠りに誘ってくれるのでオススメですよ♪

sponsored link

夏バテを予防するレシピ

日常の行動に加えて、食生活にも気を付けておくとバッチリです!
暑いからと言って冷たい飲み物やアイスなどばかり食べるのはNG。

夏にオススメの食材を積極的に使ったおいしいごはんで、夏バテを予防しましょう!
0607n_00

まず、夏バテ予防成分として頭に入れておきたいもの。
それは、ビタミン、香辛料、クエン酸!!!それぞれのポイントを紹介しますね。

まずビタミンB1。

汗をかく夏はビタミンB1が消耗されやすくなります。

ビタミンB1が多く含まれているのは、豚肉やうなぎ、大豆、玄米、ほうれん草、ゴマなど。
これと一緒に、アリシンという成分が含まれる食品を食べるのが理想!!

ニンニク、ニラ、ねぎ、タマネギなどです。
一緒に摂ることでビタミンB1の吸収がよくなりますよ!

香辛料は、食欲増進にもってこい。

ショウガやわさび、コショウのほか、シソ、みょうが、ねぎなどの香味野菜も。ショウガは夏の冷え対策にも効果が期待できますね♪

クエン酸は、疲労回復に。

疲労の原因となる「乳酸」を排出する機能があるためです。
よく「疲れには梅干し」なんて聞きますよね。梅干しのほかにも、お酢やレモン、ゆず、グレープフルーツ、オレンジなどにも含まれています。

そんな優秀食材を使ったオススメレシピはこちら!

「豚のレバニラ炒め」
1db6cd80a882da624d8036ea97d66740

材料(4人分)
豚レバー…200g
ニラ…1把
もやし…1袋
牛乳…レバーがヒタヒタになるくらい
☆ショウガ…1かけ
☆酒…大さじ1
☆しょうゆ…大さじ1弱
酒…大さじ2
しょうゆ…小さじ1
オイスターソース…大さじ2
豆板醤…ほんの少し
塩コショウ…少々
片栗粉…適量

①レバーは5ミリにスライスし、流水で丁寧に洗う
②ボウルにレバーと牛乳を入れ、1時間ほどおく。そのあと流水ですすいで水気を切る
③☆印に漬け込み、30分ほどおく
④レバーの水気を拭き取り、片栗粉をまぶして揚げ焼きにする
⑤ニラは3センチ、もやしは洗って水気を切る
⑥フライパンに油を熱し、豆板醤を入れ、ニラともやしを炒める。酒と塩コショウ、オイスターソースで味をつけ、レバーを戻しいれる
⑦全体に味が絡んで、トロミがついたら完成

「冷奴のねぎごま油かけ」
92c8c98a6fea3bf645bfbdcae9336d9b

材料(2人分)
豆腐…1丁
長ねぎのみじん切り…1本分
塩…小さじ2/3~1
ごま油…大さじ2弱

①豆腐は水切りし、食べやすい大きさに切る
②長ねぎと塩、ごま油をよく混ぜてなじませたら、豆腐の上にかける

ほかにも、香味野菜たっぷりの豚しゃぶや酢豚、うな丼、お酢の物、夏野菜のピクルスなど
食材の組み合わせ次第で、メニューの幅は広がりますよ♪

夏バテ対策と予防レシピまとめ

せっかくの夏、暑さに負けていたらもったいない!

夏だからこその楽しいことや美味しいものを満喫するためにも、しっかり夏バテ予防をして、元気に夏を乗り切りましょう!

合わせて読みたい記事はこちら☆

夏のおもてなし料理の定番!子供も喜ぶ簡単レシピ!

日焼け止め豆知識、ノンケミカルやSPF、使用期限について知っておこう!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ