ママ友地獄はかなりヤバイ!いじめ、トラブルは実際にあるのか?

Female student being bullied by other group of students

テレビドラマや週刊誌でよく見ますよね、ママ友トラブル。これ、あるんですよ本当に。

軽いものならまだいいんですが、ドロドロと泥沼にはまってしまうようなひどいものもあります。しかも突然トラブルに巻き込まれることがあるのが怖いところです。

sponsored link

ちょっとしたトラブル・ある日突然避けられる

仲が良いママにいつも通り挨拶したらなぜか目を合わせてくれず、素通りされてしまった。最初は気がつかなかったのかな?と思って気にせずにいると、次の日も同じ状態、そして次の日も。そして以前のように気軽に話すことはなくなってしまうのです。

ママ友とは親しいようで親しくない友達とは違うのです。なのでお互いの新密度に対する考えが違うことがあります。

自分は気が合うし話しやすくもっと仲良くなりたいと思っていても、実は相手はなんとなく自分と違うタイプかも、と思っていることがあります。

そうするとちょっとした会話の違和感から「なんかつきあいたくない」と思われてしまうのです。

こんな時は「このママとは合わなかったんだな」と諦め、他に気が合うママを探したほうがいいかもしれません。このタイプは避けてくるけどそれ以上は攻撃してこないことが多いからです。

sponsored link

園全体を巻き込むママカーストとは?

18

ママカーストってご存知ですか?収入、学歴、住宅事情などによってランク付けして、上位下位を決めることだそうです。同じマンションでも上層階のほうがランクが上位、下層階は下位になるのです。主に高層マンションが乱立するエリアでできているらしいです。

最上位にいるのがボスママでマンションの上層階に住み高収入高学歴、そのボスママの下にはボスママを崇拝するプチセレブの取り巻きたちがいます。

ママカーストではこのボスママの言うことは絶対なので、みんな反感を買わないように気を使って行動しています。幼稚園の先生でさえ逆らえないこともあり、園全体でママカーストなのです。ちなみに「私は1人がいい」というママは、ボスママからすると最下層なのだそうです。

ボスママに睨まれるのは「ボスママより上」になってしまったママです。ランクの上ではなく「ボスママより高いブランド品を持っていた」「園や習い事でボスママの子より我が子のほうが評価が高い」「ボスママよりランクが上の海外旅行に行った」などボスママが自分より優れていると嫉妬するようなことが上という意味です。

実際に手を下すのは取り巻きたちです。ボスママの言葉の裏を読んで行動するのです。ボスママが「○○ちゃん、発表会で主役なんですって~」と笑顔で言えば、「なんでウチの子が主役じゃないのよ!」と言ってると理解し、主役をやめるように嫌がらせをしたり先生に直訴したりするのです。

他のママたちに悪口を言ったり、無視するようにしむけたり、時には無言電話やいたずらメール、裏ではターゲット以外にメールやLINEを送り「あの人と関わらないように」と釘をさすのです。

ほとんどのママは悪いことだとわかっていても逆らったら自分が同じ目に合うと思い、おとなしく従って平穏に園生活を送ろうと身を潜めているのです。

ターゲットが気の弱いママだと「ウチの子には主役は荷が重過ぎますので辞退します…」と自ら言わせてしまうほど追い詰めていきます。ひどい場合は退園に追い込まれることもあるようです。

かわいそうなのは子供です。仲の良いお友達とも引き離され、急に他の園に転園させられるのですから。

まとめ

original (1)

ママ友は時に助けてくれて、子育ての悩みを共有できる頼もしい存在ではあるのですが、友達ではありません。だからいなくてもいいんです。

でもそれでは心細いし少しは仲良くできるママが欲しい、というなら適度な距離感を保っておつきあいするのがいいと思います。

深入りしすぎると、いつの間にかターゲットに…ということになるかもしれませんよ。気をつけて!

合わせて読みたい記事はこちら☆

幼稚園、保育園でのママ友の作り方と付き合い方のコツとは?

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ