幼稚園、保育園でのママ友の作り方と付き合い方のコツとは?

images

お子さんが幼稚園や保育園に通いだすと様々なことが心配になります。

もちろんお子さん自身の園生活のことが一番心配でしょうが、実は「私も他のママたちとうまくやっていけるかしら」と思っている方が結構います。特に知り合いが少ない場合は余計に不安になりますよね。

そんな不安を和らげるためにも、ぜひママ友を作りましょう!

sponsored link

顔を合わせる機会をつくる

まずはできるだけ園に足を運び他のママたちと顔を合わせる機会を作りましょう。子供の送り迎えの時にちょっと時間に余裕を持って行くのはもちろん、行事には積極的に参加しましょう。

バス通園だとなかなか行く機会が少ないと思いますが、保護者会や講演会など親だけの行事に参加すればいいのです。面倒でも必ず出席して他のママたちに顔を覚えてもらいましょう。そうしていると「あの人、毎回出席してるよね。誰もママかしら」と気にしてくれるでしょう。

もっと確実なのはクラスの役員になることです。必ず数人のママが選ばれることになるので、役員同士で連絡を取り合うこともあるのでその中で親しくなれることもあります。そして役員以外のママとも連絡を取ることもあるので、顔を売ることができます。

笑顔でこちらから話しかける

images (1)

待っているだけではママ友はできません。「私、消極的で人見知りで…」と言う方も最初だけはがんばって自分からアクションを起こしてみましょう。

ポイントは明るく感じよくです。暗くうつむきがちでは相手も話づらいので笑顔で話しかけましょう。

内容はなんでもいいんです。「今日は寒いですね」など当たり障りなく天気の話をしたり、下の子がいれば「かわいいですね。何歳ですか?」と聞いてみたり。

それも恥ずかしいというときは挨拶だけでもいいんです。毎日感じよく挨拶しているうちに、相手から話かけてくれることもあるからです。

sponsored link

子供同士が仲良くなったらチャンス

最近子供が同じお友達の話をよくするようになったらママ友になれるチャンスです。子供同士が仲良くしていたら「最近ウチの子と仲良くしてもらってるみたいで」と話題にできるからです。

相手もママも子供が仲良くしているなら、親のことも知っておきたいと思うはずなので自然と話題が生まれてくると思います。

「幼稚園終わったら遊びにきてね」と子供をダシに誘えば、子供も喜ぶしママともゆっくり話ができるので、挨拶だけの関係から少し上の関係になれます。

深すぎる関係は危険

仲の良いママ友ができると嬉しくて行動を共にすることが多くなる場合がありますが、関係が深くなりすぎるのは危険です。

ママ友はあくまで子供を通じての関係なので、親友ではないんです。

時々本当に気が合い心を許せる関係になり親友となる場合もありますが、ほとんどの場合は環境が変われば疎遠になってしまうような関係です。たとえば小学校が違えば連絡もほとんど取らなくなるようなものなのです。

グループを作りプライベートも仲良し、でもある日突然グループに入れてもらえなくなった、なんてドラマみたいなことが本当にあるんです。

昨日まで明るく話しかけてくれたのに急に目も合わせなくなった、など原因がわからないことも多いんです。

ママ友は子供が関わらなくなればただの顔見知り、程度に思っておいたほうがいいかもしれません。

ママ友地獄はかなりヤバイ!いじめ、トラブルは実際にあるのか?

まとめ

Four_girls_friends_001

でも気軽に話せるママ友はやはりいたほうがいいと思います。いざというとき助けてもらったりちょっとしたことを聞きたい、という時に必要です。

子育ての悩みを共有できるのは自分と同じ、ママという立場の人しかできません。たまに子育ての愚痴を言い合うくらいの関係がちょうどいいのかもしれません。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ