夏の甲子園2015の予選、本戦の日程とチケットの料金や購入方法!

img_map

もうすぐやってくる第97回 夏の甲子園。
毎年高校球児たちが熱い戦いを見せてくれますね。
今年は例年より早く球児たちに会えるようなので、お見逃しなく!

また今年は高校野球100年を記念して、王貞治さんが始球式を行うことになっています。プロ野球経験者による始球式は初めてのこと、こちらも見逃せませんね!

sponsored link

予選開始はいつから?

地方予選は北海道・沖縄から始まり、最後に大阪・愛知・兵庫が決まります。
今年は沖縄と北海道(函館)が6月20日開始、一番早く決まるのは沖縄の7月19日です。大阪、愛知、兵庫が決まるのは7月29日となっています。

甲子園大会の日程について

抽選会:8月3日
開催期間:8月6日~8月21日 15日間(内、8月20日は休養日)

今年は8月28日から、U18野球ワールドカップ2015が甲子園球場で予定されているため、例年よりも抽選会や開会式が早くなっていますので注意してください。

先日1次候補メンバーが発表されているので、気になっている人はそちらもチェック!甲子園での活躍によって、メンバーが変化するかも?

チケットの種類と購入方法

チケットには3種類あり、当日券、前売り券、通し券(連券)があります。

<当日券>

開門後、甲子園球場の入場券売り場にて購入可能。 

注目の試合がある日は長蛇の列になることもあり、特別席狙いの場合は、2時間くらい前から並ぶ覚悟が必要です。

<前売り券>

電話の他、ネットではローソンチケット、チケットぴあ、CNプレイガイド、イープラス等にて購入可能。

例年は7月中旬から2週間ほどが販売期間ですが、今年は例年より早まる可能性もあるため注意してください。

また枚数限定のため、早めにチェックしないと売り切れてしまうこともあります。
また日程が決まっている1、2回戦までしか販売していません。

払い戻しはできますが、少々特殊ですので注意してください。

前売り券払い戻しの注意

・第1試合成立後(第1日は開会式終了後)、降雨等で以降の試合が中止となった場合、入場券の払い戻しは行いません。

・第1試合(第1日は開会式)が降雨等で成立せず、以降の試合も中止となった場合、入場券は翌日無効です。当日に限り阪神甲子園球場主催者窓口で、翌日からは購入店舗で払い戻しいたします(2週間以内)。(出典:毎日新聞)

<通し券(連券)>

甲子園の試合期間中、何度でも試合を見に行けるのが通し券(連券)です。
全部の試合を見に行く方には割安ですが、それ以外の方には当日券をお勧めします。
オークションで購入することも可能ですが、高騰していることが多いのでその場合は諦めて当日券を狙った方がお得です。

sponsored link

チケットの料金は?

料金は座席によって変わります。

<前売りの場合>

スクリーンショット 2015-06-09 16.55.32

<当日券の場合>

スクリーンショット 2015-06-09 16.55.48

車いすの方…車いす券というものがあり、介護者2名まで同額です。
通常料金の半額となっています。

<通し券(連券)>

通し券は、(大会の開催期間-1)×座席料金となっています。
つまり、1日分安くなるということですね!
大人と子ども共通料金ですので注意してくださいね。

スクリーンショット 2015-06-09 16.56.05

※これらの料金は例年の料金を基にしていますので、変更される可能性もあります。ご了承ください。
※子ども料金…4歳以上、小学生以下。3歳以下無料となっています。

オススメの座席は?座席位置はどうなっているの?

座席図はこちらを参考にしてください。
img_ticket_2

試合の臨場感を楽しみたい人、注目の選手が出る試合は中央特別自由席、通称バックネット裏がオススメです。

ピッチャーが真正面から見え、また全体を見渡せるため大人気の席です。
気楽に雰囲気を楽しみたい方は、無料の外野席でのんびりすることもオススメ。

学生さんや、小さいお子さんを連れていきたい人にも人気です。
また、選手たちをより近くに感じることができるのがベンチ付近の席!

仲間を応援する声、監督とのやり取りなどが聞こえるため、選手たちの熱意をより身近に感じることができるのです。

まとめ

TSJ_backnet20150208103315500-thumb-autox600-12158

プロ野球にはあまり興味がないけど、高校野球は毎年つい見てしまう!という方も多いのではないでしょうか。

高校球児たちの、若さ故の真っ直ぐさ、勝利をつかみ取りたいという熱意に心を打たれることもしばしば。青春時代に忘れてきたものを思い起こさせてくれるのが高校野球の良い所ですね。

また、未来のスター選手が見られるかもしれない、というのも魅力の一つ!
自分の好きな選手がプロとして活躍してくれると、まるで親のように嬉しくなりますよね。

今年も熱くなりそうな高校野球。
球児たちの熱い夏をお見逃しなく!!

甲子園を見る前に過去の名試合を振り返るとさらに楽しめるかも?

夏の甲子園、印象的な優勝校と名勝負を振り返ってより楽しもう!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ