夏の甲子園、印象的な優勝校と名勝負を振り返ってより楽しもう!

TSJ86_mimamorujyosi20150208103751500-thumb-815xauto-12180

毎年感動的な名勝負が生まれることの多い夏の甲子園。
逆転に次ぐ逆転といった白熱した試合が見れたり、またニュースでは試合の裏に隠された選手たちの努力が特集されることも。

今年もいったいどんなドラマが見られるのか、今からとても楽しみですね!
今まで印象に残った優勝校と、歴史に残る名勝負を振り返り、今年の甲子園をより楽しんで観戦しましょう!

sponsored link

今までの全国大会で優勝が一番多い県は?

優勝経験トップの県は、大阪府の12回。
近年も大阪桐蔭が春夏問わず上位常連校となっていますね。
ちなみに準優勝回数が多いのは京都で9回。
4強は愛知と愛媛の11回。
関西方面とその周辺に強豪校が多いことが分かります。

歴代の試合を振り返ってみよう!

お待たせしました、それでは歴代の名勝負を振り返ってみましょう!
今回は若い人や最近興味を持った人にもわかりやすいように、まだ1998年からの試合を集めてみました。

<1998年8月22日 横浜 対 京都成章>

結果:横浜(3-0)京都成章
史上5校目の春夏大会連覇をした横浜高校。
また決勝戦でノーヒットノーランを達成という快挙!
優勝投手はメジャーに移籍したあの松坂大輔投手でした。

<2003年8月23日 常総学院 対 東北>

結果:常総学院(4-2)東北
この試合で東北高校は負けてしまいましたが、投手はダルビッシュ有。
ハーフのイケメン投手ということでも話題になりましたね。

<2005年8月20日 駒大苫小牧 VS 京都外大西>

結果:駒大苫小牧(5-3)京都外大西
駒大苫小牧が57年ぶりの夏の大会2連覇を成し遂げました。
優勝投手はまーくんの愛称で親しまれている、田中将大投手!
かわいい笑顔ながらもインタビューでの受け答えがしっかりしていると話題になりましたね。

sponsored link

<2006年 8月20日、21日 早稲田実 対 駒大苫小牧>

結果:20日 早稲田実(1-1)駒大苫小牧
21日 早稲田実(4-3)駒大苫小牧
実に37年ぶりの決勝戦引き分け再試合と、大白熱した試合でした。

延長なんと15回!

ニュースでも、高校野球の延長をどこまでやるのか、選手の負担になるのではという意見と、でも気持ちを尊重してあげたいという意見とで連日報道されました。

前年度優勝投手になった田中将大選手でしたが、惜しくも軍配は斎藤佑樹投手に。
プロになってからは田中将大投手が活躍していますが、熱い戦いを繰り広げた二人、斎藤選手にもこれからも頑張ってほしいですね!

<2008年8月18日 大阪桐蔭 対 常葉菊川>

結果:大阪桐蔭(17-0)常葉菊川
大阪桐蔭が決勝戦最多の21安打を記録し、第6回大会以来の大差をつけての圧勝。
それまで破竹の勢いで勝ってきた常葉菊川でしたが、大阪桐蔭の底力を見せつけられた試合でした。

実は私自身、菊川ではないですが同じ常葉系列の出身で応援していたため、負けてしまって悔しかったです。

常葉は橘も強豪なので、これからも頑張ってほしいと思います。

<2009年8月24日 中京大中京 対 日本文理>

結果:中京大中京(10-9)日本文理
中京大中京はなんと史上最多の7回目の優勝。

負けてしまった日本文理も、新潟初の決勝進出だったため、新潟の人たちもきっと勝たせてあげたかったのではないでしょうか。

またこの試合は9回の表に10-4から一気に1点差にまで迫った大盛り上がりの試合でした。優勝投手は堂林翔太選手。

<2010年8月21日 興南 対 東海大相模>

結果:興南(13-1)東海大相模
史上6回目、そしてなんと九州沖縄勢では初の春夏連覇!

沖縄勢では初の優勝の上、12点差という大差をつけての勝利でした。
優勝投手は島袋洋奨投手で、準優勝投手は一二三慎太投手です。

<2013年8月22日 前橋育英 対 延岡学園>

結果:前橋育英(4-3)延岡学園
この試合はどちらも決勝進出が初ということで選手たちの熱い思いのぶつかり合いが見えました。

前橋育英は初出場初優勝、延岡学園は宮崎県で初の決勝進出ということで、お互い背負っていたものも大きいと思います。優勝投手は高橋光成投手です。

まとめ

PP_sukoabo-do-thumb-autox600-12683

以上、1998年からの注目の試合、名勝負でした。
ちなみに去年の決勝戦は、台風の接近のために54年ぶりに開会式が順延され、決勝戦も最も遅い開催日となっています。

長期化してしまうと選手たちの疲労や、緊張感がその分長くなってしまうため心配の声も上がっていました。

今年も一時、6月に梅雨がなく8月あたりに梅雨がくるという予報が出ていましたが、無事東海地方が梅雨入りというニュースもあり一安心ですね。

夏にずっと雨が降らないというのも困ってしまいますが、選手たちのためにもいい天気が続いてくれればと思います。

今年の春の高校野球の優勝校は敦賀気比でした。
夏の高校野球はどこが制するのか、楽しみですね。

今年の夏の甲子園の日程は?

夏の甲子園2015の日程とチケットの購入方法!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ