夜泣きはいつから始まるの?新生児、1歳児、2歳児、3歳児、時期ごとの対処法!

baby-215303_640

家事に育児に大忙しのママ。ぐったり疲れて夜くらいゆっくり寝たいのに、うとうとした頃にサイレンのような泣き声で起こされてしまうのです。それが夜泣きです。

sponsored link

夜泣きはいつから?

夜泣きの始まりには個人差がありますが一般的には生後6ヶ月頃から1歳頃に始まると言われています。早い子だと3ヶ月頃から始まるし、全く夜泣きがしない子もいるのです。そうかと思うと幼稚園入園頃から急に夜泣きが始まる子もいます。

夜中に急に泣き出すことを「夜泣き」だと思っている方も多いのですが、泣く理由がわかっているものは夜泣きとは言いません。

生まれてすぐの新生児は昼も夜も関係なくお腹がすいた、オムツが濡れた、抱っこしてほしいと泣きます。これは泣く理由がはっきりしているので夜泣きではありません。

0歳児の夜泣き

生まれて数ヶ月たつと始まる夜泣き、この時期の夜泣きは睡眠サイクルが関係しているのではないかと言われています。自律神経がまだ未発達のため眠りが浅く目覚めやすいのです。そのうえ昼夜の区別がつかず、暗闇を怖がって泣くこともあります。

夜泣きを止めるにはとにかく安心させてあげることが一番です。添い寝をして優しく声をかけてあげ、眠りにつくのを見守りましょう。ママがそばにいるだけで眠りにつきやすくなるのです。

この頃の赤ちゃんの睡眠サイクルは2時間で、それをつなぐ練習している時期です。抱き上げてしまうと自分で眠りにつく練習が途切れてしまうので、抱き上げず添い寝でトントンしてあげるのがいい方法なのです。

そして不安にさせないように昼間はスキンシップをたくさんとり笑顔で接しましょう。

1歳児の夜泣き

1歳前後からあんよができるようになると、行動範囲が大きく広がり運動量も増えてきます。運動するのは良いことですが、興奮させすぎたりはしゃぎすぎるのも夜泣きにつながることがあるので、寝る前はあまり運動させずに静かに過ごして気持ちを落ち着かせるようにしましょう。

そして夜泣きが始まった時は0歳児と同じく、添い寝で優しく見守りましょう。

こうして睡眠サイクルを長くしていくのと同時に、生活リズムも整えることも大事です。朝6~7時頃に目覚め、午後1~2時頃お昼寝、夜8~9時頃就寝というのが理想的な生活リズムです。朝は同じ時間に起こし朝日を浴びて、午後はママも一緒に横になる、そして寝る時間には部屋を暗くして寝やすい環境を作ってあげることが必要です。

夜泣きは1歳半くらいまでにはなくなると言われているので、ここでうまく対処できれば早く夜泣きが治まるかもしれません。

sponsored link

2歳の夜泣き

2歳になるとそろそろ夜泣きをする子も少なくなってくる時期だと思います。でも個人差があるものなので、止む気配がなくても気にする必要はありません。夜泣きをした場合の対処は、やはり添い寝で安心させてあげることです。

なかなか夜泣きが治まらないという場合、もしかしたら生活リズムができていないのかもしれないので、もう一度見直してみましょう。生活リズムが乱れていると睡眠サイクルも乱れ、成長ホルモンやメラトニンの分泌に影響が出てきます。

成長ホルモンは身体の成長に重要な働きをするホルモンで寝付いて2時間後くらいに大量に分泌されます。そしてメラトニンは情緒を安定させる作用があります。

昼間は日の光をたくさん浴びて遊び、夜は静かにすごし安眠へと誘導してあげましょう。

3歳の夜泣き

child-587526_640

ほとんどの子はこの頃になると夜泣きは治まっています。まだ夜泣きをするという場合は、生活リズムの見直しをしてみましょう。

生活リズムができているのに夜泣きをする、と言う場合は別の要因があるかもしれません。3歳になると幼稚園などでたくさんの刺激を受け、そのため運動能力、言語能力が著しく成長し、色々な物事に強い関心を示すようになります。「どうして?」を連発するのがこの時期です。

幼稚園ですごく楽しい遊びをした、お友達にたたかれて嫌だった、など強い記憶として残ったものを思い出して夜泣きにつながることもあるのです。子供からたくさん話を聞いて、不安や問題を解決してあげるように心がけてください。寝る前に抱っこしてお話を聞いてあげる時間を作ると良いですね。

幼稚園に行きたがらない子供への正しい接し方とは?

個人差が大きい夜泣きですが、上手に対応して少しでも早く止むようにがんばりましょう。

合わせて読みたい記事はこちら☆

育児の悩みやストレスの原因とは?イライラしない子育てのために必要なこと!

赤ちゃんの危険サイン!咳、熱、下痢の症状が出た時の対処法は?

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ