夜泣きがひどい時は放置した方がいい?正しい対処の仕方とは?

Crying_newborn

生まれてすぐ新生児の頃は昼も夜もなくお世話をしなければいけません。夜中の授乳やおむつ替え、ママも眠いのに辛いですよね。その辛い数ヶ月を過ぎ少しずつ夜まとまって寝てくれるようになるとホッと一安心。…ではありません!今度は夜泣きが始まるのです。

sponsored link

夜泣きとは?

夜泣きとは新生児が夜中に泣くのとは違います。新生児が泣くには理由があります。お腹がすいた、おむつ替えてほしい、抱っこして欲しいなど、欲求からくるものです。その欲求が満たされればまた眠りにつくので、何をして欲しいのかを見極めれば解決できます。

夜泣きは生後6ヶ月くらいから始まると言われていますが、早い子だと3ヶ月くらいから始まるそうです。欲求からくるものではなく、突然泣き出すのでママもどうしていいのか悩んでしまうと思います。

自律神経が未発達のため眠りが浅く睡眠サイクルが整っていないのが赤ちゃんです。夜、目が覚めたとき真っ暗闇でママはそばにいない、と不安で泣いてしまうのです。

夜泣きは放置する?

欧米では夜泣きをしたら放置するそうです。

放置と聞くと「なんてひどい!泣いてる赤ちゃんに何もしないなんて!」と思う方もいるでしょうが、放置といってもほったらかしにして1人で寝かせておくわけではないんです。抱き上げたりはせず、トントンして声をかけてあげるそうです。

放置=近くで見守ること、だと思ってください。

「近くで見守る」となると、それほどひどいことではないと思うので夜泣き対策としてはいいんじゃないでしょうか。しかも夜泣きに関係している睡眠サイクルにも、「見守る」ことは大きく影響してくるのです。

baby-hands-251273_640

赤ちゃんの睡眠サイクルは2時間で、それをつなげていくことによって長い眠りにつくことを覚えるのだそうです。

泣いた時に抱き上げてしまうと、サイクルをつなげる練習ができないのです。だから寝かせたままトントン、が効果的なのです。

sponsored link

夜泣きの正しい対処法とは

では赤ちゃんの夜泣きが始まったら、どうしたらいいのでしょうか?まずは赤ちゃんをよく観察しましょう。もしかしたらそれは夜泣きではないのかもしれません。

具合が悪い、おなかがすいたなど、理由があって泣いているのかもしれません。その場合はその理由にあった対処をすればいいわけです。

5分ほど観察しても理由があって泣いているのではなさそうな場合、夜泣きだと思われます。その時は添い寝をしてあげましょう。

とにかく赤ちゃんを安心させてあげるのが一番いい方法です。そのために最適なのが添い寝なのです。ママのぬくもり、匂い、声で安心して眠りにつくことができるのです。

赤ちゃんの嗅覚は母乳をかぎ分けられるくらい新生児から発達しており、聴覚もおなかにいる頃から発達し始めるのです。だからママの匂いや声を感じることで安心できるのです。

ベビーベッドで寝かせているなど物理的に添い寝が難しい場合は、そばにいてトントンとたたきながら優しく話しかけてあげればいいのです。

夜泣きは新生児だけとは限りません。1歳児や2歳児などが夜泣きしてしまう際の対処法はこちらをどうぞ。

夜泣きの年齢ごとの対処法

まとめ

14942207032_af45675b23_b

一説によると夜泣きをほったらかしにされた赤ちゃんが成長すると、他人との信頼関係がうまく築けないとか、アレルギーや胃腸のトラブルをおこしやすくなる、などと言われています。優しく「見守って」赤ちゃんの夜泣きとうまくつきあっていきましょう。

合わせて読みたい記事はこちら☆

育児の悩みやストレスの原因とは?イライラしない子育てのために必要なこと!

赤ちゃんの危険サイン!咳、熱、下痢の症状が出た時の対処法は?

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ