神奈川新聞花火大会2015の日程とアクセス情報!穴場と場所取りのコツは?

 

img_7

夏の風物詩といえばやっぱり花火大会!
今回は、みなとみらいで行われる神奈川新聞花火大会をご紹介します。

おすすめの穴場スポットもチェックして下さい!

神奈川新聞花火大会とは?

今年で30回目という節目を迎える神奈川新聞花火大会。
横浜駅周辺からは、花火と夜景のコラボレーションを見ることができ、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

関東最大級と言われている2尺玉は、開いたときの直径が480mにも及び、その迫力は圧巻!
市民の協賛による「市民の花火」と合わせて約1万5千発の花火が夜空を彩ります。

日程と会場

2015年8月4日(火) 19:00~20:30
※荒天の場合は8月5日(水)に延期されます。

会場:横浜みなとみらい21 臨港パーク前面海上
みなとみらい21エリア

毎年、約20万人もの人出がある人気の花火大会となっています。

<電車で行く場合>

JR・東急電鉄・横浜高速鉄道・横浜市営地下鉄横浜駅東口 徒歩20分
JR・横浜市営地下鉄桜木町駅 徒歩15分
横浜高速鉄道みなとみらい駅または新高島駅 徒歩10分
解放されている駐車場はないそうなので、車よりも電車で行くことをおすすめします。

穴場スポットは?場所取りのコツもご紹介!

94286925_624

赤レンガ倉庫北側芝生広場

大人気のスポットです。
場所取りは大変ですが、打ち上げ場所が近くとてもキレイに花火を見ることができます。

コットンハーバー

打ち上げ場所から近いけれど、意外に空いている穴場スポットです。

ポートサイド公園

打ち上げ場所からは少し離れますが、早めに行けば座って鑑賞することができる場所です。みなとみらいを一望できる高台にある公園です。

sponsored link

大観覧車コスモクロック21

日本最大級の観覧車に揺られながら花火が楽しめます。
料金は700円です。

横浜ランドマークタワー展望フロア

横浜ランドマークタワーの69階にある展望フロア「スカイガーデン」が、花火大会の当日に解放されます。高さ273mから見下ろす花火と夜景は、とても贅沢な気分を味わえます。

関東でも屈指の人気花火大会だけあって、場所取りはなかなか大変です。
場所によっては、2~3日前から場所取りされている所もあるようです。

当日は時間に余裕を持って出かけ、17時頃には場所取りを完了するぐらいの意識でいたほうがよいでしょう。

ちなみに屋台が多数出店されているのは、みなとみらいスポーツパークの駐車場です。そのあたりも考慮しつつ、いい場所を確保しましょう♪

有料観覧席もオススメ♪

もっとゆっくり花火を観賞したい方には、有料の観覧席がおすすめです。
花火鑑賞券と個人協賛者席の2種類が用意されています。

花火鑑賞券

臨港パークのカップヌードルミュージアムパーク
自由席/大人(高校生以上)2600円/子供(小中学生)500円

座るためのシートも配布されます

個人協賛者席

全席指定イス席/7200円

おつまみと飲み物付きです。
詳しくは公式HP等でチェックしてみて下さい♪

まとめ

横浜の情緒あふれる景色と花火を堪能できる神奈川新聞花火大会。

ぜひ、この機会に足を運んでみて下さい♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ