鎌倉花火大会2015の日程と場所は?有料席や穴場スポットを押さえて楽しもう!

278a0624ddd94735c39b16477e69a556

観光名所としても有名な神奈川県鎌倉市。
この情緒ある場所で、毎年花火大会が行われています。
それが鎌倉花火大会!

今回は、鎌倉花火大会の日程や、穴場スポットをご紹介します♪

日程と会場

2015年7月23日(木) 19:20~20:10
※雨天・荒天時は中止(予備日なし)

開催場所:由比ガ浜海岸、材木座海岸(滑川を挟んで東側を由比ガ浜海岸、西側を材木座海岸と呼んでいます。打ち上げ場所は1か所です。)

この花火大会の見どころはなんといっても「水中花火」!

船から花火を海へ投げ入れ、海の中から花火を打ち上げます。
半円状に広がる花火はとても幻想的♪

そもそもは、打ち上げに失敗した花火が海中で破裂したことが始まり。
その失敗から水中花火へと発想転換させた職人さんは素晴らしいですね!

有料席はあるの?

毎年、500席の有料席が用意されています。
税込5500円と少しお高めですが、大迫力の花火を間近で見ることができます。
ただし、指定席なので場所の希望を出すことはできません。
詳しくは鎌倉市観光協会のHPをチェックして下さい。

また、由比ガ浜海岸の海の家でも有料席が用意される場合があるようです。
場所によって値段は異なるようですが、余裕があれば利用してみて下さい。

sponsored link

おすすめ穴場スポットは?

材木座海岸

打ち上げ場所から近いのですが、由比ガ浜より場所取りの人が少ない場所です。

seapicture_fujisawa_zaimokuzakaigan_04

披露山公園

逗子駅からバスに乗り、公園入口から15分ほど歩きますが、由比ガ浜が一望できて花火もしっかり楽しむことができます。(ただし、水中花火は見にくいようです…)

鎌倉海浜公園

由比ガ浜地区・坂の下地区・稲村ガ崎地区と3つの地区に分かれている、とても広い公園です。芝生やグラウンドがあり、シートを広げて鑑賞するには由比ガ浜地区がおすすめです。

大崎公園

車で行ける場所です。
水中花火は見にくくなりますが、打ち上げ花火はしっかり見ることができます。

メインの1つでもある水中花火を見るなら、やはり海岸沿いで見ることをおすすめします。

ただ、打ち上げ場所が海水浴場なので、海水浴に来た人が引き上げる夕方は全体的にとても混雑します。

海岸付近は、午前中から場所取りする意気込みで参加した方がよいでしょう。

駐車場などは解放されていないようなので、行くなら公共交通機関を使うことをおすすめします。

最後に…

鎌倉花火大会は「環境に優しい」花火大会を目指しています。
使われる花火の火薬は鎌倉の寺院などから頂いた伐採樹木を使い、ボランティアによるゴミ拾いなども徹底しています。

どの花火大会でももちろん大事なことですが、特に鎌倉花火大会はや海水浴場での花火大会。海を汚さないためにも、一人一人がゴミの管理に気を付けて、汚さず帰ることを徹底しましょう。

マナーを守って花火大会を楽しみましょうね♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ