新生児のしゃっくりが多い時の正しい止め方!ゲップを出させたい時の対処法も

Mother's_Love

新生児はよくしゃっくりをします。あまりに頻繁にしゃっくりが出ると、親としては早く止めてあげたくなりますよね。新生児のしゃっくりとはどういうものなのでしょうか。

sponsored link

しゃっくりが出る原因

実はママのおなかの中の胎児の頃からしゃっくりはしているのです。胎内でしゃっくりが多く出ていた赤ちゃんは生まれてからもよくしゃっくりをするようです。

しゃっくりとは「横隔膜が痙攣する」ことを言います。これは大人でも同じなのですが、新生児だと横隔膜が成長段階にあるので大人より頻繁に出やすいのです。

ではどうして横隔膜が痙攣するのでしょうか?大きく分けて2つの理由があります。

1つはミルクや母乳を飲むことによって胃や食道の動きが活発になり横隔膜が刺激されるからです。それ以外に水やお茶、離乳食など、何かが胃に入れば刺激してしまうので、よくでるということになるのです。これを防ぐ方法はありません。

もう1つはオムツが濡れることによる体温変化による刺激によってでるしゃっくりです。赤ちゃんはおしっこやウンチをたくさんしますよね。でもおしっこが出るたびにすぐオムツ替えをするのは不可能です。

だからおしっこがたまったオムツが冷えてしまい、体温が下がり内臓も冷え横隔膜が刺激されるのです。

しゃっくりの止め方

しゃっくりは横隔膜の成長過程でおこる現象なので、無理に止める必要はありません。でもなんとかしてあげたいと思うのが親心ですよね。そこで、世間一般で言われている有効な方法をご紹介します。

ミルクや白湯などを飲ませる

「飲んだら出るのにまた飲ませるの?」と思いますが、温かいもので身体を温めるという意味では、有効だと考えられます。

おむつを替える

これも身体を温める方法としてはまず最初にしておきたい方法です。替えたあとにおくるみななどで身体を包んで温めてあげるのもいいですね。ただし、夏は体温が上がりすぎる危険性があるので注意してください。

ゲップをさせる

おなかに溜まったゲップでおなかが刺激されてしゃっくりがでる、ということもあります。しゃっくりが出たらゲップが出るか試してみましょう。これでしゃっくりが治まることもあるのです。

sponsored link

ゲップの上手な出し方

しゃっくりを止めるのにゲップを出す、と書きましたが、うまく出せずに困っているママもいるのではないでしょうか。「出すまでに時間がかかる」とか「出るときと出ないときがある」など、慣れないとなかなか難しいものです。

赤ちゃんはまだ上手にミルクが飲めないので空気も一緒に飲み込んでしまいます。それが胃に溜まりゲップになるのです。

ゲップが溜まったままだと、ミルクも一緒に吐き戻してしまうことがあります。赤ちゃんの胃はまだ未発達なので、横になってからゲップが出ると余計に吐きやすいのです。

吐くこと自体は赤ちゃんにはよくあることなので仕方がありませんが、それを片付ける負担は少ないほうがいいですよね。

drink-314615_640

ではゲップの上手な出し方のコツをお教えします。

基本は縦抱きです。胃の空気を上に出させるために縦に抱いたほうがゲップがでやすいのです。赤ちゃんのあごをママの肩に乗せるようにして抱きます。まだ首が据わっていない場合は支えてあげましょう。

背中を軽くトントンとたたくか、下から上に優しくさすります。空気が下から上にいくようなイメージでやってみましょう。

5分くらいやって出なければ無理に出す必要はありません。空気があまり入らなかったのか、空気が胃の中でまとまっていないのかもしれません。

出なかった場合は寝かせた後も様子を気にしてみていてください。急に出ることもあります。泣いたりモゾモゾしたらゲップの合図かもしれません。もう一度縦抱きで背中をさすってみてください。

まとめ

今回は新生児のしゃっくりとゲップについて書いてみました。

実際のところ、しゃっくりもゲップもそれほど心配する必要はありません。しゃっくりが出ていても赤ちゃんは全然苦しくないし、ゲップが出なければおならになって出るのです。

そう思うと人の身体というのは本当にうまくできていますね。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ