新生児が寝ない原因は泣き止まないから?昼間と夜中の寝かしつけ方を覚えよう!

cat-289591_640

育児をする上でママが苦労する上位に寝かしつけがあります。なかなか寝ない、寝かせてもすぐ起きる、など疲れているママにとっては大変ですよね。そこで寝かしつけのコツをご紹介します。

sponsored link

泣きすぎて寝られなくなる?

夜、急に泣き出しミルクでもオムツでもない、抱っこしても泣き止まない、どうしていいのかわからなくてママも泣きたくなりますよね。もしかしたら、泣きすぎて眠れなくなったのかしら?と思うかもしれません。

新生児が寝ない原因はいろいろあるのですが、その一つとして「眠いのに寝られない」ということがあげられます。

新生児はすぐに疲れてしまうのです。そして毎日たくさんの刺激を受けています。疲れがたまり刺激が強すぎると興奮して眠れなくなるのです。

そんな時、ママに静かに安心させて欲しいのに、抱っこしてユラユラされたり、ミルクを飲まされたりしたら、余計に興奮してますます眠れなくなってしまうのです。その結果、泣き続けてしまうのです。

泣いていても赤ちゃんを落ち着かせるように、静かに見守ることが大事なのです。

上手な寝かしつけ・昼寝編

新生児のお昼寝は月齢によってもかわりますが、3ヶ月頃で3回、6ヶ月頃では2回、そして1歳頃には午後1回の昼寝だけで夜はぐっすり眠るようになります。

あくまでも目安です。生後4ヶ月頃から昼寝も含めて、生活リズムを整えていきましょう。

昼寝の環境は夜とは違います。昼間ということがわかるように、真っ暗にする必要も静かにする必要もありません。強い光はいけませんが、薄いカーテンを引いて生活音がしている状態でよいのです。

昼寝は2時間程度にしましょう。それ以上になる場合は起こしてください。起こすタイミングは、赤ちゃんがモゾモゾ動いた時がいいでしょう。動くということは眠りが浅いということなので、比較的不機嫌にならずに起きることができます。

そして同じ時間に布団に寝かせるようにしましょう。できれば添い寝をして身体を撫でたりトントンしてあげるといいでしょう。

抱っこで寝かせてから布団にそっと置く、というのもいいのですが、置くときに起きてしまうということが多いですよね。最初はぐずるかもしれませんが、添い寝で寝かせられるようになれば楽ですよ。

sponsored link

上手な寝かしつけ・夜編

昼寝がきちんとできたら次は夜しっかりと眠ることです。まずは眠る環境から見直してみましょう。

肌で感じる環境はどうですか?寝具や肌着は通気性がよく気持ちいい素材にしていますか。部屋の温度は暑くもなく寒くもない快適な温度になっていますか。オムツも濡れていないことを確認しましょう。

昼寝とは違い、夜は部屋は暗くしましょう。新生児の視力はまだ発達段階ですが光は認識しています。そのため小さな光でも気になるのです。基本は真っ暗闇です。豆電球の光でさえ赤ちゃんは気になってしまうのです。テレビや携帯の画面もNGです。

寝る直前まで遊んだり興奮させないようにしましょう。静かで落ち着いた環境を作り気持ちを静めないと、興奮したまま寝てしまい夜何度も目が覚める原因となってしまいます。

環境が整ったら静かに添い寝をし身体を触るなどして安心させてあげましょう。夜も添い寝で眠る習慣をつけたいですね。

最初はなかなか泣き止まなかったり寝付かないと思いますが、数日間がんばって添い寝してみてください。いつの間にかそれに慣れて添い寝で眠れるようになります。

まとめ

baby-408262_640

赤ちゃんは寝るのがまだ上手ではありません。だから親が環境を整え、眠りやすいようにしてあげなくてはなりません。

ゆったりとした眠りは赤ちゃんの成長に関係しているばかりではなく、ママの育児が少しでも楽なるために必要なことなのです。

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ