京都祇園祭 、2015年の日程や見どころは?歴史や由来を知ってさらに楽しもう!

京都の祭りといえば、やはり祇園祭を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか??

でも、実は詳しいことはあまり知らない…という方もいるかもしれません。

今回は、そんな祇園祭のあれこれをご紹介します!

sponsored link

■祇園祭の始まりは…?

1000年以上前(清和天皇の時代)に、当時流行っていた疫病を鎮めるために「祇園御霊祭」が行われたのが始まりとされています。

平治の乱、応仁の乱などで何度も中止したことがありましたが、明応9年に、町衆によって再開され、山鉾の飾りや外観などに豪華絢爛な装飾が施されるようになり、今の祇園祭へと受け継がれてきました。

「一向一揆」の際、幕府が神事停止を命じた際も、町衆は黙っておらず、山鉾を動かしたとも言われています。

現在の「山鉾巡行」はこのことから始まったことなのかもしれません。

山鉾自体も、いわゆる「京都の三大大火」(宝永の大火・天明の大火・天治の大火)で多く焼失したという経緯があります。

そのたびに長い年月をかけて復興してきましたが、応仁の乱の前に58基あった山鉾は、現在は33基となっています。

150510

■2015年、日程は?

京都の祇園祭りは、八坂神社を中心に京都市内で1か月行われています。(7月1日~7月31日)

八坂神社へのアクセス方法や駐車場と周辺のランチスポット

しかし、毎日お祭り騒ぎ!というわけではありません。
今回は、メインの行事の日程をご紹介します。

<前祭>
山鉾巡業…7月17日
前祭宵山…7月14日~16日(歩行者天国は15・16日のみの予定)

20基を超える山鉾が練り歩く光景は圧巻です!

<後祭>
山鉾巡業…7月24日
後祭宵山…7月21日~23日(歩行者天国はなし)

2014年、150年ぶりに復活した後祭。
露店などもありませんし、山鉾の数も前祭より少なくなりますが、じっくりお祭りを楽しみたい人には、人出も比較的少なくおすすめかもしれません。

sponsored link

■祇園祭の見どころは?

なんといっても醍醐味は「辻回し」ではないでしょうか。

山鉾が交差点で方向転換するたびに、歓声が起きます。

事前にコースを確認して、曲がり角での観覧スポットをチェックしておきましょう♪

また、後祭には「大船鉾」が巡業します。
その名の通り、船の形をしたもので、後祭復活のきっかけとなったと言われています。
かなりの迫力があるので、この機会にぜひご覧ください!

山鉾巡業の際には、「有料観覧席」も用意されているので、詳しくは公式ホームページでチェックしてみて下さいね♪

そして忘れてはいけないのが「宵山」です。

前祭・後祭ともに、山鉾巡業の前日に夕方から行われ、山鉾がたくさんの提灯で灯されて幻想的な雰囲気を演出します。

Yoiyama_-_The_Gion_Festival_-_July_14,_2008

屋台については、今のところ詳しい期間はわかっていませんが、前祭宵山が行われる7月15日・16日と思われます。時間は18時~23時頃までです。

おいしいものを食べながら、ぜひ祇園祭を堪能して下さい♪

京都観光に便利なホテルはこちら☆

京都を観光するのに便利なホテルのおすすめランキング!

京都の格安ビジネスホテルとゲストハウスのおすすめ!

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ