江の島花火大会2015の日程と場所は?有料席や穴場スポットを押さえて楽しもう!

夏の風物詩といえば花火。
しかし神奈川県には夏と秋の2回、湘南の夜空を彩る花火があります。

今回はこの江の島で行われる花火大会をご紹介します♪

sponsored link

日程・場所

2015年8月18日(火)予定 19:00~19:20
※荒天時は中止

開催場所:片瀬海岸西浜

正式名称は「藤沢納涼花火大会」と言います。
20分でおよそ1200発の花火が打ち上がります。
江の島をバックに、芝生や砂浜などエリアが広いので、割とどこからでも迫力の花火を見ることができます。

夏の江の島での花火大会は情報が少なく、穴場スポットなどがご紹介できないので…

今回は秋の花火大会をメインにご紹介しましょう!

2015年10月15日(土) 18:00~18:45 予定
開催場所:片瀬海岸西浜 新江ノ島水族館前 県立湘南海岸公園
地図はこちら
アクセス:小田急 片瀬江ノ島駅 徒歩2分
江ノ島電鉄 江ノ島駅 徒歩5分
湘南モノレール 湘南江の島駅 徒歩7分

車での来場の場合、約1600台収容の有料駐車場があります。
しかしやはり混雑しますので、公共交通機関での来場をおすすめします。

秋に行われるこの花火大会は、正式名称を「ふじさわ江の島花火大会」と言い、全国でもかなり人気の花火大会です。

毎年4万人もの人出で賑わいます。
見どころは、特大の2尺玉花火!
ここまで大きいものはなかなか見ることができません。

また、フィナーレも圧巻!

打ちあげ数はおよそ3000発と少ないですが、工夫が凝らされた花火が多くあり十分楽しむことができます。

有料席は?

毎年2500席程の有料席が用意されています。

ゆっくり花火を満喫したい方はやはり有料席がオススメです。
ローソンやチケットピアなどで販売されるようなので気になる方はぜひチェックして下さい。

sponsored link

穴場スポットは?

湘南モールフィル藤沢店屋上

当日は無料開放されており、屋台もあります。
もちろんトイレの心配もないので、小さいお子様をお連れの方には安心です。

七里ヶ浜周辺

打ち上げ場所からは離れているので、花火は少し小さくなってしまいますが、十分花火全体を楽しむことができます。

県立湘南海岸公園

こちらも打ち上げ場所からは離れてしまいますが、混雑は少ないです。
江の島をバックにした花火を見ることができます。

江の島のシーキャンドル

1か月前の応募で当選した人のみ、展望台から花火を見ることができます。
江の島の島内からも花火を見ることができますが、交通規制がかかるので、開始時間前には入っていたほうがいいでしょう。

江の島水族館前や片瀬海岸などは一番の人気スポットなので、早い段階からの場所取りをおすすめします。

最後に

maxresdefault

10月の江の島は、花火終了時間にもなるとかなり冷え込みます。
浴衣を着るなら、何か一枚羽織るものを持っていたほうが安心です。

風邪を引かないよう、万全の準備をしてくださいね♪

夏の花火とは違う、秋の澄んだ夜空に彩られる花火をぜひ堪能して下さい♪

sponsored link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ